決算分析|ゼンショーホールディングス【第3Q-2020年3月期】

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

https://www.sukiya.jp/

 

ゼンショーホールディングスの第3Q決算の結果を振り返ります。

 

ゼンショーホールディングス
・外食産業のリーディングカンパニー
・第3Q決算発表は2020年2月6日に実施
・本決算は2020年3月末

ゼンショーホールディングス 総合評価 26.0点

ゼンショーHLD 総合評価

決算分析【増収増益】

増収:売上高は479,887百万円で前年比+25,042百万円(+5.5%)

増益:純利益は10,400百万円で前年比+1,099百万円(+11.8%)

成長性:売上高前年比105.5%で6.0点の評価、営業利益伸長率は127.7%と続伸しており9.0点の高評価としました

利益面:営業利益率は3.9%で3.0点の評価としました。

資産面:流動比率は108.7%で3.0点、自己資本比率は21.9%で2.5点の評価としました。

総合評価
・総合評価では26点と財務面の点数が低く伸びませんでした。
・M&Aによる海外での規模拡大が続いており、今後も大きく伸びていく可能性を感じさせます。

損益計算書(P/L)

ゼンショーホールディングス 損益計算書

ゼンショーホールディングス 売上推移グラフ

ゼンショーホールディングス 利益率グラフ

 

MEMO

売上原価率は前年から0.6%改善され42.5%となり、粗利益高を+2,879百万円を押し上げる要因になっています。

・販管比率は53.6%でほぼ昨年並みの実績だったこともあり、営業利益は前年比で+4,004百万円となっています。

カテゴリー別売上高(前年比)
・牛丼カテゴリー・・・+3.8%
・レストランカテゴリー・・・▲5.0%
・ファーストフード・・・+8.7%
・その他・・・+57.3%
決算分析|吉野家ホールディングス【2020年2月期】決算分析|松屋フーズ【第3Q-2020年3月期】
期末予測値
今のところ期末の業績予想は変更ありません。
売上高:96.75%
営業利益:104.35%
経常利益:108.65%
当期純利益:132.57%

*期末予測値は第3Qまでの実績に3/4を単純にかけ算したものを、業績予想と比較して求めています。

貸借対照表(B/S)

ゼンショーホールディングス 貸借対照表

ゼンショーホールディングス B/Sグラフ
ゼンショーホールディングス 流動比率グラフ

ゼンショーホールディングス B/S

MEMO
新規出店、M&Aの推進により有形固定資産が+9,193百万円ほど前期末からふくらんでいます。

https://www.zensho.co.jp/jp/

キャッシュフロー計算書

ゼンショーホールディングス キャッシュフロー計算書
ゼンショーホールディングス キャッシュフロー計算書グラフ

店舗展開

ゼンショーホールディングス 店舗数グラフ

第3Q末時点で9,813店舗(前期比+4,616店舗) はぁ~(;^ω^)

当第3四半期連結会計期間末の店舗数につきましては、363店舗出店、196店舗退店、及びTCRS Restaurants Sdn.Bhd.(以下「TCRS」という)を子会社化した結果、9,813店舗(FC4,289店舗含む)となりました。

カテゴリー別

牛丼カテゴリー・・・2,995店舗、出店:130、クローズ:26
レストランカテゴリー・・・1,364店舗、出店:19、クローズ:29
ファーストフード・・・931店舗、出店:29、クローズ:12
その他・・・4,389店舗、出店:182、クローズ:122

スポンサーリンク