決算分析|ゼネラルオイスター【第3Q-2020年3月期】

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

ゼネラルオイスターの第3四半期決算の結果を振り返ります。

 

ゼネラルオイスター
・カキをメイン食材としたレストラン(オイスターバー)を展開
・第3四半期の決算発表は2019年2月7日に実施されています。
・本決算は2020年3月です。
参考 株式会社ゼネラル・オイスター「オイスターバー」

https://www.oysterbar.co.jp/

ゼネラルオイスター 総合評価 3.0点

ゼネラルオイスター 総合評価

決算分析【増収減益】

増収:売上高は2,783百万円で前年比+23百万円(+0.8%)

減益:純利益は▲59百万円で前年比▲22百万円(▲–%)

成長性:売上高前年比100.8%で5.0点の評価、営業利益伸長率は赤字拡大で2.0点の評価

利益面:営業利益率は▲2.8%で▲3.0点の評価

資産面:流動比率は60.9%で▲3.0点、自己資本比率は13.0%で1.0点の評価としました。

総合評価

・総合評価は3点と低い評価となりました。
・連続で赤字決算となっており、上場継続に向けて更なるアクションが必要になってきています。

 

牡蠣の六次産業化への取り組みなど、他社と差別化できる光るものはあるので期待したいのですが・・・結果は厳しい。

損益計算書(P/L)

ゼネラルオイスター 損益計算書

ゼネラルオイスター 売上推移グラフ

ゼネラルオイスター 利益率推移グラフ

 

MEMO

・売上原価率は34.4%、昨年の33.6%から+0.8%上昇

・販管比率は68.3%、こちらは昨年から▲1.1%改善

・営業利益率は▲2.8%、昨年より▲0.2%悪化

期末予想との差異

期末の業績予想との差異は以下の通りです。

・売上高:▲954百万円
・営業利益:▲112百万円
・経常利益:▲103百万円
・当期純利益:▲68百万円

https://www.oysterbar.co.jp/shop/

月次売上推移

ゼネラルオイスター 月次売上

【外食産業】月次売上一覧 | 直近の各社売上データを比較!!

貸借対照表(B/S)

ゼネラルオイスター 貸借対照表

ゼネラルオイスター B/S
ゼネラルオイスター 流動比率グラフ

ゼネラルオイスター B/S株主資本

赤字による利益剰余金の削れが拡がっています。

商品の一部紹介

https://www.oysterbar.co.jp/data/shop/HW0027_gr.pdf

キャッシュフロー計算書

ゼネラルオイスター キャッシュフロー計算書
ゼネラルオイスター キャッシュフロー計算書グラフ

店舗展開

 

ゼネラルオイスター 店舗数グラフ

第3Q末時点で26店舗(前期末から▲1店舗)

スポンサーリンク