仕事は遊びでありゲーム 視点や発想を変えられれば熱中できるのでは?

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

 

あなたは自分の好きな遊びやゲームには熱中できますよね。

 

でも肝心の仕事は・・・(^_^;)

 

ちょっと視点を変えるというか、発想を変えてみませんか?

 

仕事を遊びやゲームの感覚でやれるようになって熱中できるようになると違う世界が見えてくるかもしれません。

 

仕事は遊びでありゲーム

あなたは今まで現実世界と思っていたところが実はゲームの世界で・・・あなたはその住人でした。

ゲームスタートです!

主人公はあなたです。

 

最初はお金もないし、ろくな装備もないし、力もないし、仲間もいなければ魔法の呪文を唱えることもできません。

 

自力ではスライムを倒すのがギリギリくらいのレベル( ;∀;)

 

でも、あなたには重大なミッションがあります。

 

冒険の旅を続けながらレベルを上げること、共に戦う仲間をみつけること、そして世界を滅ぼそうとしている魔王を倒すこと。

 

あなたは選ばれた勇者なのです!

 

勇者らしく勇者の道を歩みましょう!!

 

訓練開始

まずは修練場でゲームの進め方を学びながら訓練開始です。

 

あなたは、きちんと仕事(ゲーム)の進め方を学んだことがありますか?

 

「えっと・・・」首をひねるようなら、基礎からやり直すことをおススメします。

 

効果的にゲーム(仕事)でレベルを上げるためには基本となるルールをしっかり学んでおく必要がありますから。

 

いざ実戦の場へ

 

最初は勇者とはいえ見習いなんで、一つ一つレベルを上げる努力をしなければなりません。

 

実戦でレベルの低いモンスターにチャレンジしてみましょう。

 

大丈夫、あなたはゲームの世界にいるんでモンスターにやられても本当に死ぬことはありません。

 

そうやってコツコツ経験値を積むことで、スピードや力やスキルといった能力値が上がっていきます。

 

ひょっとしたらあなたが考えているよりも早いうちに必殺魔法も使えるようになるかもしれません。

 

助言

冒険の旅を続けているあなたに、長老から一つアドバイスがあります。

 

教えてくれる回りの人や師匠には礼を持って接しましょう。

 

謙虚さを持たないとへそを曲げて教えてくれませんので注意が必要です。

 

礼といっても簡単なことです。

 

素直に聞くことと、教えてくれてありがとうという感謝の言葉を相手に伝えればいいのです。

 

師匠以外にも教えてくれる人があなたの回りにはたくさんいます。

 

積極的に人との出会いを求めていきましょう。

クエスト

またクエストをこなすことは飛躍的にレベルを上げることにつながります。

 

チャンスが与えられたら積極的に手をあげてみましょう。

 

クエストやイベントが発生しなくても焦る必要はありません。

 

モンスターを倒したり、旅を続けてレベルを上げ続けていればその機会は必ずやってきます。

 

「まだ自分には早いのでは・・・」ってことはありません。

 

仮に結果が良くなかったとしても、経験値は多く貯められますので。

 

武器や防具を揃える

 

さて、ある程度のお金がたまったら、装備や武器、魔法のスキルが学べる書物などへ投資をする必要があります。

 

この時点ではお金をため込むよりも、自分に対しての投資を積極的に行うことがレベルアップの早道です。

 

レベルアップすることで、もっと難しいクエストをこなせるようになります。

 

仲間をつくろう

仲間をみつけましょう。

 

いろんな人に会って話を聞いてみてください。

 

きっと志を同じくする人、あなたを応援してくれる人と出会うことができます。

 

休息も大事

苦難は貴方のレベルを引き上げます。

 

臆せず立ち向かっていきましょう。

 

安らぎは貴方のHP(体力)やMP(マインド)を回復します。

 

精神と身体のコンディションを整えるよう休息をうまくとることも大切なことです。

 

あなたの旅は独りじゃありません。

 

思わぬイベントが発生して致命傷に近い状態になることもあるかもしれません。

 

盗賊に大事な物を盗まれることもあるかもしれません。

 

でも大丈夫です。

 

その時には、頑張ってるあなたを支えてくれたり傷を癒してくれる仲間やパートナーがいることに気付くでしょうから。

 

さあ冒険の旅を楽しんでいきましょう!

まとめ

日々の成長や変化は1歩ずつくらいの亀の歩みのように遅いかもしれませんが確実に進んでいます。

 

時々、自分が歩いてきた道を振り返ってみると、スタート地点から遥か遠くまできていることに気づくでしょう。

 

まだまだ旅は続きます。

 

ワクワクしながら今という時間を大切に楽しんでいきませんか。

スポンサーリンク