決算分析|スシローグローバルHLD【第1Q-2020年9月期】

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

http://www.akindo-sushiro.co.jp/

 

スシローグローバルホールディングスの第1Q決算の結果を振り返ります。

 

スシローグローバルホールディングス
・回転寿司業界トップ
・第1Q決算発表は2020年2月6日に実施
・本決算は2020年9月末

 

決算分析|カッパ・クリエイト【第3Q-2020年3月期】くら寿司【2019年10月期 4Q】決算分析【㈱銚子丸】回転寿司 第2Q 業績分析 増収増益決算分析|元気寿司【第3Q-2020年3月期】

スシローグローバルHLD 総合評価 34.5点

決算分析【増収増益】

増収:売上高は55,738百万円で前年比+7,167百万円(+14.8%)

増益:純利益は3,031百万円で前年比+503百万円(+19.9%)

成長性:売上高前年比114.8%で8.5点の評価、営業利益伸長率は118.3%で9.0点と高い評価としました

利益面:営業利益率は8.7%で6.0点の評価としました。

資産面:流動比率は37.1%で2.0点、自己資本比率は21.4%で同じく2.0点の評価としました。

総合評価

・総合評価では成長性、利益面で抜群の実績を示し高い得点となっています。

・IFRS会計基準で比較しづらい部分ありますが、財務面では2・0点と全体の評点を下げる結果となっています。

損益計算書(P/L)

スシローグローバルHLD 損益計算書

スシローグローバルHLD 売上推移グラフ

スシローグローバルHLD 利益率グラフ

 

MEMO

・売上原価率は前年から▲0.5%下げて48.2%となっています。

・販管比率は43.1%、昨年同期比で0.2%増とほぼ同水準で推移しています。

売上原価率と販管比率を合わせて91.3%と、他社の回転寿司業態と比較して優位性を強くもっています。

期末予測
第一四半期が終わった時点での業績予想をしてみます。
期末予測に対して売上高100%、純利益で120%超となる公算強く、第2Qで修正入る可能性が高いと予想します。
足元の月次動向に注目していきたいと思います。

貸借対照表(B/S)

スシローグローバルHLD 貸借対照表

スシローグローバルHLD B/Sグラフ
スシローグローバルHLD 自己資本比率グラフ

スシローグローバルHLD B/S

IFRS基準
有形固定資産とリース負債が行って来いになってB/Sが膨らんでいます。

 

http://www.akindo-sushiro.co.jp/

キャッシュフロー計算書

スシローグローバルHLD キャッシュフロー計算書
スシローグローバルHLD キャッシュフロー計算書グラフ

営業キャッシュフロー
前年比較で196%・・・!

店舗展開

スシローグローバルHLD 店舗数グラフ

第1Q末時点で577店舗(前期比+11店舗)

店舗開発につきましては、11店舗出店(国内9店舗、海外2店舗)したことにより、当第1四半期連結会計期間末の店舗数は、国内550店舗、海外27店舗の合計577店舗となりました。

 

スポンサーリンク