【サイゼリヤ】ファミレス低価格 第4Q 業績分析 増収増益

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

今回はサイゼリヤの第4Q決算結果を振り返ります。

*サイゼリヤの46期の締めは8月末でしたので、参考資料程度で見ていただければと思います。

株式会社 サイゼリヤ
HP⇒https://www.saizeriya.co.jp/

 

本記事の数値データはサイゼリヤHP⇒IRデータを参照しています。

上場各社のHPはこちらから
外食上場企業URL

総合評価 38.1点

利益関連の伸びは今一つですが、キャッシュが潤沢な状態で経営状態は非常に安定しています。

今後のサイゼリヤの課題はキャッシュレス化への対応です。

月次売上実績

全体としては100%で推移、既存店ベースでは98%前後の動きとなっており強いと思います。

損益計算書(P/L)

2017年比では追いついていないものの、一昨年の落ち込みから回復傾向です。

貸借対照表(B/S)

盤石な状態かと思います。

ここまで計算して持っていってるとか、めちゃくちゃ数字に強い会社ですね。

キャッシュフロー計算書

フリーキャッシュフローが大幅黒字で、投資資金にかなり余裕がある状態です。

景気の落ち込みを見込んで内部留保していくか、積極的に海外に向かっていくか、動向に注目したいと思います。

 

 

スポンサーリンク