自分ブランドの確立 学問のすゝめ

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

目標も目指す方向もはっきりせず、なんとなく今日を過ごしてしまった・・・

あなたは今、日々流されていませんか?

そんな停滞感をもったあなたにおススメなのが今回のテーマです。

自分のブランドを確立する

企業や店舗についてはブランド力を上げていくことが大切です。

ブランドは信用や信頼という絆でお客さまとつながっています。

 

また、ブランド力があれば相応の高い評価を受けることができますし、競合他社に優位性をもって戦うことができます。

 

でも、自分のことについは「ブランド」という概念をもっていない人がほとんどです。

 

長くいろんな人を見てきて、本当に人それぞれの良さがあることを実感しています。

 

100人いたら100通りのスタイルがある!

 

逆に言うと、自分のキャラの良さを生かさないと本当にもったいないと感じます。

自分に合わないスタイルでやろうとすると、どうしても歪が生じますから。

 

スタイルを強制する上司がいることもあるでしょうが、

そんなのはさらっと流して自分の長所を生かすための戦略を考えてみましょう。

 

自分の強みがどこにあるのかの分析が必要です。

 

明確に得意なことが分かっていればいいんですけど・・・

そうでない場合はストレス無く取り組めることが何かを挙げてみてください。

 

なるべく大きな紙を用意して、長所や苦にならないことを書き込んでいきましょう。

 

何をしたら・・・

どうやって進んでいけば・・・

オンリーワンの存在に近づいていけるかを考えてみてください。

 

アドバイス1 外見を良くすることにお金をかける

まずは、何からやったら・・・と悩む人がいたら、外見からチャレンジしてみてください。

 

周りの自分に対する評価が勝手に上がります。

あと、副次的な効果として、他人の着ている服や靴や小物などを観察する習慣がつくおまけもついてきます。

 

これって、けっこう重要なとこです。

 

ある程度、その人がどういう人なのかってのは外見から判断できますからね。

 

ちょっと話は脱線するかもしれませんが、

いいものを身に付けたり、手にしてると、物の価値が分かるようになります。

 

下から上を見上げていても良く分かりませんが、

上から下を見るとどのレベルなのかは良く分かります。

 

アドバイス2 コンプレックスを克服する

長所を伸ばす話とは逆になりますが、自分の中で欠点やマイナスと感じていることありますよね。

出来れば避けて通りたいとか、自然とそこから距離を置きたくなるようなことが

 

でも、それは本当にあなたにとって出来ないことですか?

 

もう一度、正面から時間をかけて取り組んでみませんか!

 

変わりたくないと考える脳との戦いになりますので、道は非常に険しいものがありますが、

 

コンプレックスと思っていたことを克服した時に、人はものすごい自信とエネルギーを手にいれます。

 

その自信があなたのオーラとなって自分ブランドの価値を高めてくれます。

 

アドバイス3 学問のススメ

どんな人でも、その他大勢の中から頭角をあらわすことが出来る行動があります。

それは知識やスキルを学ぶことです。

 

理想はこんな人みたいになりたいって絵を描いてそれに近づく努力をするのがいいんですが、

そうでなくても、勉強を継続して行い、脳みそを鍛え続けることが出来れば必ず人生の高いステージに行けます。

 

あなたが何で今の自分をマイナス評価してしまうのかと言えば、

自分が成長してないなって無意識のうちに分かってるからなんですよ。

 

実は多くの人は今のあなたと同じように、そんな状態でグルグル回って時間だけが経過していってるんです。

 

何で勉強するとその他大勢から抜け出せるか?

 

それは、

 

あなたが他人がやってないことをやるからです!

 

人の能力って言われるほど差はありません。

 

少なくともこのブログを読んでいるような方は意識の高い人が多いと思います。

そんなあなたが、なぜみんなの中で埋もれているのか?

それは勉強が足りないからです。知識が足りないからです。

 

そして、勉強するかしないかは、行動するかしないかにかかってきます。

ダイエットや筋トレと同じ、やり続ければ目指す姿が見えてきます。

 

そして、続けることが出来れば、

勉強していない人々は、あなたの背中を見続けることになります。

 

私のブランディング

今後は、人の面倒をみたり教えることは好きなので、その辺を磨いていこうかなと考えています。

これは、今までお世話になった人達への恩返しの意味もあります。

 

私自身のブランディングを少し考えてみます。

いろんな業務を転々としてきたこともあり、器用になんでもこなす割にスペシャリストとしては弱いってのが自己評価。

 

経験からくる強みは、修羅場を何度もくぐってきたクレーム対応力

クレーム対応はダメージを受ければ受けるほど、しぶとくなっていきます。

冷静に立ち回れるようになっていきます。

このレベルを上げるには、経験値の積み重ねと、仕事への向き合う姿勢がどうかで決まってきます。

知識だけでは埋められない壁があると感じます。

 

数値管理も長所の一つです。

何時間、数字を追いかけていても頭が痛くなりません(笑)

最近は上場企業の株式をいくつか買ってることもあって、

人と違った目線で会社を見ることも出来ています。

 

WEB(ネット)マーケティングはもっとも取り組みたい部分です。

実行→分析→実行→分析・・・

企画の仕事もしていますが、WEBの数字は嘘をつきません。

成果が出る、出ないの理由が必ず見つかる世界です。

ちょこぴよさんによるイラストACからのイラスト

あなたの選ぶ道は・・・

やってもやらなくても後悔するんなら、やるしかないです!

 

今までの常識や、思考を縛りブレーキをかけていたものは外さなければなりません。

 

さて・・・

目の前にある壁ってやつをぶち壊していきましょうか(笑)

スポンサーリンク