決算分析|日本マクドナルドホールディングス【4Q-2019年12月期】

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

日本マクドナルドの第4Q 本決算の結果を振り返ってみます。
既存店の個店別売上が過去最高値を記録するなど、強い数字結果となりました。

 

日本マクドナルドHLD
・ハンバーガーチェーンのリーディングカンパニー
・本決算の発表は2020年2月13日に実施

http://www.mcdonalds.co.jp/menu/burger/

http://www.mcdonalds.co.jp/menu/burger/

参考 日本マクドナルドホールディングス株式会社

日本マクドナルドHLD 総合評価 39.2点

日本マクドナルドHLD 総合評価

決算分析【増収減益】

増収:売上高は281,763百万円で前年比+9,506百万円(+3.5%)

減益:純利益は16,885百万円で前年比▲5,054百万円(▲76.9%)

成長性:売上高前年比103.5%で5.5点の評価、営業利益伸長率は前年比111.9%で7.2点の評価

利益面:営業利益率は9.9%で6.5点の評価

資産面:流動比率は58.8%で6.0点、自己資本比率は73.7%で7.0点の評価

総合評価

・総合評価は39.2点
・減益になっていますが、前年の特別利益2,206百万円分が抜けたのと、法人税の増加によるものです。
・本業の稼ぎは堅調と判断し高評価としました。

日本マクドナルドホールディングス 当期純利益

P/L 経常利益~当期純利益

損益計算書(P/L)

日本マクドナルドHLD 損益計算書

日本マクドナルドHLD 売上推移グラフ

日本マクドナルドHLD 利益率推移グラフ

 

MEMO

・売上原価率は80.1%、前年比で▲0.4%改善
・販管比率は10.0%、前年比で▲0.3%改善
・直営店のFLコスト
材料費・・・35.3%
人件費・・・27.5%

期末予想に対しての達成率

・売上高:99.7%
・営業利益:101.5%
・経常利益:101.4%
・当期純利益:97.0%

月次売上推移

日本マクドナルドHLD 月次売上

外食産業|月次売上速報

日本マクドナルドホールディングス 売上ランキング

 

決算分析|モスフードサービス【第3Q-2020年3月期】決算分析|日本KFCホールディングス【3Q-2020年3月期】

貸借対照表(B/S)

日本マクドナルドHLD 貸借対照表

日本マクドナルドHLD B/S

日本マクドナルドHLD 流動比率グラフ

キャッシュフロー計算書

日本マクドナルドHLD キャッシュフロー計算書
日本マクドナルドHLD キャッシュフロー計算書グラフ

店舗展開

日本マクドナルドHLD 店舗数グラフ

日本マクドナルドホールディングス 店舗数

2019年12月末の店舗数
全体:2,910店
直営:886店
FC店:2,024店
デリバリー対応店舗:709店(全体の約24%)

 

スポンサーリンク