決算分析|松屋フーズ【第3Q-2020年3月期】

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

松屋フーズの第3Q決算結果を振り返ります。

 

松屋フーズ
・牛めしの既存店売上105%超えと好調
・とんかつ業態の松の屋の店舗数拡大
・第3Q決算発表は2020年2月3日に実施
・本決算は2020年3月末
決算分析|吉野家ホールディングス【2020年2月期】

松屋フーズ 総合評価 30.5点

松屋フーズ 総合評価

決算分析【増収増益】

増収:売上高は79,599百万円で前年比+6,391百万円(+8.7%)

減益:純利益は2,686百万円で前年比+803百万円(+42.6%)

成長性:売上高前年比107.0%で6.5点の評価、営業利益伸長率は114.9%と強い数字となり7.5点の高評価としました

利益面:営業利益率が5.4%で4.5点の評価としました。(吉野家:約2.6%)

資産面:流動比率が109.9%で3.0点、自己資本比率は61.48%で6.0点の評価としました。

期末予測
期末予想の達成率を大きく上回る見込み。売上高101.95%、営業利益102.99%、経常利益114.53%、当期純利益115.53%

月次速報 1月 108.0%と好調をキープ

損益計算書(P/L)

松屋フーズ P/L

松屋フーズ 売上推移グラフ

松屋フーズ 利益率グラフ

売上原価率は前年同様に32.8%と固い数字。
販管比率が61.1%と前年から1.9%ほど改善。
いずれも売上好調なためとのIRコメントだが、強い体質になってきていると判断しています。
定食のバラエティが豊富になっており、まだまだ成長が持続しそうな勢いを感じます。

貸借対照表(B/S)

松屋フーズ B/S

松屋フーズ B/Sグラフ
松屋フーズ 自己資本比率グラフ

注意
目立ったのは短期借入金が4,998百万円と急増していること。期末でのフリーCFは確認しておきたい。

松屋フーズ 負債


 

https://www.matsuyafoods.co.jp/matsunoya/

キャッシュフロー計算書

松屋フーズ キャッシュフロー
松屋フーズ キャッシュフローグラフ

店舗展開

松屋フーズ 店舗数グラフ

 

第3Q時点で1,197店舗(うち海外が14店舗)

改装:108店実施

新規出店:31店舗
牛めし 13
とんかつ 11
寿司 2
その他 5
撤退:15店舗
牛めし 9
とんかつ 3
その他 3
業態別展開
牛めし 962店
とんかつ 196店
寿司 10店
その他 29店

*2019年度の平均年収額は確認取れませんでした。

スポンサーリンク