串カツ田中|決算分析 第1四半期 2020年11月度

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

今回は「串カツ田中ホールディングス」の第1四半期の決算結果を振り返ります。
串カツ田中

第1四半期の評価点は37.5点(前回38.0点)

決算分析|串カツ田中ホールディングス【2019年度】

・串カツを日本を代表する食文化へ
・「串カツ田中」の単一業態で展開
・第1四半期の発表は4月14日
・2020年11月期の期末予想は、、、1月14日の発表されたものを据え置きしています。

参考 株式会社串カツ田中ホールディングス|串カツ田中 | TOP

串カツ田中 総合評価 37.5

串カツ田中ホールディングス 決算 総合評価

 

【増収増益】

得点 実績
フリーCF(百万円) 5.0 269
売上高伸長率 8.0 134.3%
営業利益伸長率 8.0 191.3%
営業利益率 6.0 9.8%
流動比率 6.5 168.1%
自己資本比率 4.0 40.7%
トータル 37.5
総合評価

・本決算の総合評価は37.5点
・売上高伸長率、営業利益伸長率など成長性を高く評価します。
・営業利益率も9.8%と飲食業界としては高い水準を維持しています。

収益性分析

串カツ田中ホールディングス 損益計算書

簡略化した損益計算書です。

前述しましたが、新型コロナウイルスの影響は未定ということで、期末予想は1月14日に発表したものを据え置きしています。

 

 

串カツ田中ホールディングス 損益計算書グラフ

キレイな右肩上がりのラインを描いていますね。

下図に内訳を表しています。

串カツ田中ホールディングス 3期 損益計算書グラフ

↓ 売上原価率と販管比率のグラフです。

串カツ田中ホールディングス 売上原価率グラフ

原価率は37.8%とやや高い水準と感じますが、前年より0.6%改善。
販管比率も2.3%改善とビジネスモデルはしっかり抑えています。

この辺は単一業態の強みを感じさせます。

↓ 串カツ田中の月次売上高のグラフです。

串カツ田中ホールディングス 月次売上

3月は94.7%、4月の実績が未発表です(5月10日時点)。

串カツ田中にしては、ちょっと遅いですね。

各社の月次売上実績はこちらから
【外食産業】月次売上一覧 | 直近の各社売上データを比較!! 決算分析|【鳥貴族】2020年7月期 第2四半期

安全性分析

串カツ田中ホールディングス 貸借対照表

自己資本比率が減少傾向なのが気になりますが、今のところ安全性については問題ないです。

串カツ田中ホールディングス 3期比較 貸借対照表

串カツ田中ホールディングス 流動比率グラフ

当座貸越契約

流動性確保策として「当座貸越契約」を結んでいます。

金利が高いので銀行からすれば美味しい話ですが、将来の貸しはがしリスクなど気になる点は残ります。

コミットメントラインよりはマシですが…。

↓ 4月14日アナウンス分

 

 

店舗展開

串カツ田中ホールディングス 店舗数推移グラフ

2020年2月時点の店舗展開
・トータル店舗数 277店(2019年末から純増4店舗)

・新規出店 4店舗

株価推移

串カツ田中ホールディングス 株価推移グラフ

自社株買いを行ったこともあり、株価の回復傾向が続いています。

13週線をキレイに越えてくれば、いったんは2000円台回復も目指せそうです。

2020年5月8日時点

株価:1520円
時価総額:14,112百万円
PER:—-倍
PBR:2.01倍

年初来安値:863円

配当金:—-円(2019年度末は30円)
配当利回り:—-

参考 Yahoo!ファイナンス - 株価やニュース、企業情報などを配信する投資・マネーの総合サイト

株主優待情報

串カツ田中ホールディングス 株主優待情報

株主優待利回り

お食事券(1000円券)
・100株:1.3%
・300株:0.8%
・600株:0.6%
・900株:0.5%

企業情報

㈱串カツ田中ホールディングス

証券コード 3547

 

本社所在地:〒141-0022

東京都品川区東五反田1-7-6
代表番号:03-5449-6410

 

本記事の数値データは「串カツ田中ホールディングス」HP⇒IRデータを参照しています。

他社の業績分析はこちらから
外食決算情報まとめ

まとめ

以上、「串カツ田中ホールディングス」の第1四半期決算を振り返ってみました。

総合評価では成長性を評価し37.5点と、前回に続き高得点をマークしました。

とは言え、第1四半期が2月末ということで、新型コロナウイルスの影響は軽微だったこと…。

今後、消費者の外食行動(特にアルコールがらみの店)でネガティブな変化があること…。

などなど考えると、会社が掲げる成長戦略は未達に終わる可能性が高いと感じます。

プラス要素としては、

・小回りの利く店舗規模&会社規模であること
・競合他社の脱落による漁夫の利(比較優位な立場を占める力がある)

とかですかね。

7月上旬に発表される第2四半期の結果に注目していきたいと思います。

 

各企業の新型コロナウイルス対策も順次更新しています。
外食各社|アフターコロナへの対応

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク