決算分析|海帆(かいはん)【第3Q-2020年3月期】

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

海帆の第3Q決算の結果を振り返ります。
非常に厳しい状況が続いています・・・。

 

海帆
・東海地盤 レトロ居酒屋「昭和食堂」が中心、業績不振のため業態転換急ぐ
・第3Q決算発表は2020年2月10日に実施
・本決算は2020年3月末
参考 幸せな食文化の創造 株式会社海帆

http://www.kaihan.co.jp/

http://www.kaihan.co.jp/

外食決算情報まとめ

海帆 総合評価 ▲25.5点

海帆 総合評価

決算分析【減収--】

減収:売上高は3,115百万円で前年比▲687百万円(▲27.6%)

--:純利益は▲172百万円で前年比+139百万円(+80.8%)
*前年、149百万円の特損あり

成長性:売上高前年比81.9%で1.5点の評価、営業利益伸長率は74.4%で▲7.0点の評価

利益面:営業利益率は赤字幅拡大で▲7.0点の評価

資産面:流動比率は68.2%で▲2.0点、自己資本比率は0.5%で▲8.0点の評価

総合評価

・総合評価では▲25.5点の低い評価
リニューアル絡めた業態転換進めているものの、キャッシュが続かない不安大きい。

・3月15日 子会社である㈱魚帆の事業休止(同社保有ビルの売却のため)
・11月8日 当期の配当予想修正し無配決定、通期業績予想の下方修正行なう。
・12月23日 「昭和食堂 伊勢店」にてノロウイルスによる食中毒発生し営業停止
・M&A意欲 立ち喰い焼肉「治郎丸」の㈱弥七、㈱TBIHLDの1店舗の譲渡受ける。

損益計算書(P/L)

海帆 損益計算書

海帆 売上推移グラフ

海帆 利益率推移グラフ

 

MEMO

・売上原価率は27.9%、前年の29.7%から▲1.8%改善

・販管比率は80.1%、昨年同期比からは+4.7%と大きく増加

・既存店の売上戻らず、営業利益はマイナス幅拡大

期末予測

期末の業績予想(下方修正後)との乖離幅大きく達成は難しいと判断

・売上高:99.1%
・営業利益:81百万円必要
・経常利益:同上
・当期純利益:54百万円必要

 

貸借対照表(B/S)

海帆 貸借対照表

海帆 B/S
海帆 流動比率グラフ

債務超過の危険性
利益剰余金マイナスが続き自己資本が削れている

キャッシュフロー計算書

海帆 キャッシュフロー計算書
海帆 キャッシュフロー計算書グラフ

店舗展開

海帆 店舗数グラフ

第3Q末時点で87店舗(前期比▲7店舗)

http://www.kaihan.co.jp/ir/news.html

 

スポンサーリンク