決算分析|ホリイフードサービス【第3Q-2020年3月期】

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

ホリイフードサービスの第3Q決算結果を振り返ります。

 

ホリイフードサービス
北関東地盤 居酒屋業態「忍家」が中心
2020年度 第3Q決算発表は2020年1月29日に行われています。
本決算は2020年3月末
決算分析|チムニー【第3Q-2020年3月期】決算分析|DDホールディングス【2020年度2月期】決算分析|SFPホールディングス【2020年2月期】決算分析|ジェイグループHLD【2020年2月期】決算分析|大庄【2020年8月期】

ホリイフードサービス 総合評価 28.1点

【減収減益】
総合評価:28.1.点

決算分析

減収:売上高は4,726百万円で前年比▲332百万円(▲6.6%)

減益:純利益は54百万円で前年比▲111百万円(▲67)

成長性では減収幅大きく3点と低評価としました。

店舗クローズにともなう特別損失74百万円を計上

店舗数:前年比較で▲9店舗縮小、不採算店舗のクローズと業態変更を実施中

利益面では一昨年比較では見るべき部分があったので4点の評価

前年比売上▲6.6%にも関わらず黒字を確保している点は一定評価
売上原価26%と原価率の低い部分が強みとなっている。

資産面では流動比率241.0%、自己資本比率66.7%、有利子負債0円と安定感あり6~7点の評価

期末予想修正なしだが、経常利益の進捗率が62.2%、純利益が31.8%と今期予想の達成は難しいと判断しています。

 

損益計算書(P/L)

ホリイフードサービス 損益計算書

ホリイフードサービス 売上高・営業利益高 推移グラフ

貸借対照表(B/S)

ホリイフードサービス B/S


キャッシュフロー計算書


店舗展開

ホリイフードサービス 店舗数情報

スポンサーリンク
第3四半期末の店舗数:96店舗
  • 新規出店 2店舗
  • 業態変更 6店舗
  • クローズ 8店舗
  • 前年比較 ▲9店舗