決算分析|【グルメ杵屋】2020年度 第3四半期決算

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

今回は「グルメ杵屋」の第3四半期決算の結果を振り返ってみます。

 

グルメ杵屋
・うどん業態「杵屋」そば業態「そじ坊」を軸として全国展開
・他にも和洋中の多業態を運営
・レストラン以外に、機内食事業、業務用冷凍食品製造業、不動産業、運輸事業(水間鉄道)など運営
・レストラン部門の全体に対しての売上比は65%くらい
・第3四半期の決算発表は2月13日に行われています。
参考 グルメ杵屋レストラングルメ杵屋 決算分析|【トリドールホールディングス】2020年3月期 第3四半期

杵屋(きねや)メニューの一部紹介

https://www.gourmet-kineya.co.jp/

https://www.gourmet-kineya.co.jp/

https://www.gourmet-kineya.co.jp/

グルメ杵屋 総合評価 19.0点

グルメ杵屋 総合評価

【減収増益】

減収:売上高は31,447百万円で前年比▲62百万円(▲0.2%)

増益:当期純利益は552百万円で前年比+71百万円(+25%)
*営業利益はマイナス

成長性
売上高前年比99.8%で5.0点の評価
営業利益伸長率は92.4%で3.5点の評価

収益性:営業利益率は2.4%で2.5点の評価

安全性
流動比率は118.4%で3.0点
自己資本比率は40.1%で4.0点の評価

総合評価

・総合評価は19.0点
・飲食部門の売上高は店舗数の減少(▲5店舗)もあって前年比較で▲3.7%減
現時点で期末予想についての変更はありません。

月次売上推移

グルメ杵屋 月次売上推移【外食産業】月次売上一覧 | 直近の各社売上データを比較!!

グルメ杵屋 売上ランキング

【2020年1月】外食企業 月次売上高ランキング

損益計算書(P/L)

グルメ杵屋 損益計算書

グルメ杵屋 売上推移グラフ

グルメ杵屋 利益率推移グラフ

主要数値

・売上原価率は62.0%(前年比で+0.7%悪化)
・販管比率は35.6%(前年比で▲0.6%改善)
・当期純利益が前期を上回っている要因は、有価証券の売却益52百万円や前年比で特別損失が77百万円減額しているためです。
・IRでは盛んに”コストコントロールの強化”をあげています。数値を見る限り人件費の削減を強く進めている印象を受けます。
・年度末予想に対する進捗は固めに進んでおり、安全圏にはいっています。
*着地見込み 売上高:101.8%、当期純利益:153.0%

グルメ杵屋 特損

グルメ杵屋 過去5年間の売上高

グルメ杵屋 成長性分析

グルメ杵屋 収益性分析

決算分析|サガミホールディングス【第3Q-2020年3月期】

貸借対照表(B/S)

グルメ杵屋 貸借対照表

グルメ杵屋 B/S

グルメ杵屋 流動比率グラフ

グルメ杵屋 安全性分析

キャッシュフロー計算書

グルメ杵屋 キャッシュフロー計算書
グルメ杵屋 キャッシュフロー計算書グラフ

店舗展開

グルメ杵屋 店舗数グラフ

 

第3四半期末時点
・レストラン全体・・・427店舗
・直営店・・・359店舗
・フランチャイズ・・・68店舗

・直営店からフランチャイズへの移行を積極的に推進しています(今期10店舗)

株価推移

グルメ杵屋 株価推移グラフ

2020年2月18日時点

株価:1,160円
時価総額:26,228百万円
PER:54.43倍
PBR:1.71倍

年初来安値:1,100円

配当金予想:12円(配当利回り1.0%)

参考 Yahoo!ファイナンス - 株価やニュース、企業情報などを配信する投資・マネーの総合サイト

株主優待情報

グルメ杵屋 株主優待情報

株主優待利回り
権利確定月:3月、9月
優待内容:食事券1,000円分×2回
100株,1,000株・・・1.7%

企業情報

㈱グルメ杵屋

証券コード 9850

 

本社所在地:〒559-8561

大阪市住之江区北加賀屋3-4-7
代表番号:06-6683-1222

 

参考 グルメ杵屋レストラングルメ杵屋

 

本記事の数値データは「グルメ杵屋」HP⇒IRデータを参照しています。

上場各社のHPはこちらから
外食上場企業URL

他社の業績分析はこちらから
外食決算情報まとめ

各社の月次売上実績はこちらから
【外食産業】月次売上一覧 | 直近の各社売上データを比較!!

まとめ

今回は「グルメ杵屋」の第3四半期決算の結果を分析してみました。

IRを見ると足元の体質強化を優先している印象を受けましたが、実際の数値も固めに推移しています。

今後は・・・

グループ会社で意欲的に多角化経営を行っていますので、M&Aの動向について注視していく必要がある企業かと感じます。

決算分析|【トリドールホールディングス】2020年3月期 第3四半期決算分析|サガミホールディングス【第3Q-2020年3月期】

 

スポンサーリンク