決算分析|【フジオフードシステム】2019年度 第4四半期

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

今回は「フジオフードシステム」の第4四半期 本決算の結果を振り返ってみます。

 

フジオフードシステム
・大衆食の業態にフォーカス
・「まいどおおきに食堂」が軸、他に「神楽食堂」「手作り居酒屋 かっぽうぎ」「つるまる」などを展開
・IR(株式分割)・・・1月1日に1→2株で株式分割を実施しています。
・第4四半期の決算発表は2月14日に行われています。
参考 株式会社 フジオフードシステム

フジオフードシステム 総合評価 6.5点

フジオフードシステム 総合評価

【増収減益】

得点 実績
フリーCF(百万円) ▲3.0 ▲2,055
売上高伸長率 5.5 106.2%
営業利益伸長率 ▲1.0 64.5%
営業利益率 3.0 3.8%
流動比率 ▲1.5 74.5%
自己資本比率 3.5 36.8%

増収:売上高は38,393百万円で前年比+2,248百万円(+6.2%)

増益:当期純利益は462百万円で前年比▲449百万円(▲35.5%)

総合評価

・総合評価は6.5点
・売上高は堅調に推移していますが、利益面で前年割れ、期末目標未達成のため低い評価になっています。

決算分析|大戸屋ホールディングス【3Q-2020年3月期】

月次売上実績 1月ランキング31位

フジオフードシステム 月次売上

【外食産業】月次売上一覧 | 直近の各社売上データを比較!!

フジオフードシステム 月次売上ランキング

【2020年1月】外食企業 月次売上高ランキング

収益性分析

フジオフードシステム 売上推移グラフフジオフードシステム 3期損益計算書

フジオフードシステム 売上原価率推移グラフ

主要数値

・売上原価率は35.4%、前年比+0.2%と悪化
・販管比率は60.8%、前年比で+2.3%と大きく悪化
・人件費の上昇によって、販管費が大きく膨らみ利益を圧迫する結果となりました。
・会社が意図している収益モデルとズレが発生してきてるのではないかと感じます。

期末予想との差異
売上高:95.7% ✖
営業利益:77.6% ✖
純利益:58.3% ✖
*純利益が大きく未達

 

(次期の見通し)
今後の我が国経済及び外食産業においては、消費税増税による消費低迷に加え、原材料・資材価格の高騰、慢性的な人材不足による人件費の上昇など、依然として厳しい状況が続くことが予想されます。また、世界的に拡散しているコロナウイルスについても、現段階では今後いかなる影響が出るかは不透明となっております。

当社グループにおきましては、このような厳しい経済環境の中でも確実に収益を確保するべく、国内におきましては「まいどおおきに食堂」を中心とした各ブランドの底上げと既存店舗の業績回復を目指し、海外におきましては、着実な展開を目指してまいります。

以上の結果、2020年12月期の通期業績につきましては、連結売上高405億28百万円、連結営業利益19億5百万円、連結経常利益18億55百万円をそれぞれ見込んでおります。なお、連結当期純利益は7億85百万円を見込んでおります。

安全性分析

フジオフードシステム 3期貸借対照表
フジオフードシステム 流動比率グラフ
フジオフードシステム キャッシュフロー計算書グラフ

主要数値

・財務キャッシュフローが3,315百万円と大きくプラスになっていますが、これは長期借入金が6,248百万円発生したためです。
・借入金の増加によって、自己資本比率が前年比で約7%ほどマイナスしています。
・投資キャッシュフローが▲4,798百万円と膨らんでいますが、これは子会社株式の購入費用が原因です。
*持株会社への移行にともない発生した費用と思われます。

決算分析|アークランドサービスホールディングス【第4Q-2019年12月期】

店舗展開

フジオフードシステム 店舗数グラフ

第4四半期末時点

2019年に新規出店が60店舗と成長意欲は強いものを感じます。
・全体・・・905店舗
・国内(直営)・・・545店舗
・国内(FC)・・・349店舗
・海外(直営)・・・5店舗
・海外(FC)・・・6店舗

決算分析|クリエイト・レストランツHLD【2020年2月期】

株価推移

フジオフードシステム 株価推移グラフ

2020年2月20日時点

株価:1,663円
時価総額:74,068百万円
PER:91.37倍
PBR:7.43倍

年初来安値:912円

配当金予想:10.0円(配当利回り0.60%)
2019年は22円(株式分割前、記念配当2円)

参考 Yahoo!ファイナンス - 株価やニュース、企業情報などを配信する投資・マネーの総合サイト

株主優待情報

フジオフードシステム 株主優待情報

株主優待利回り
権利確定月:6月、12月
優待内容:食事券×2回
100株・・・3.6%
300株・・・2.4%
1,000株・・・1.4%

企業情報

㈱フジオフードシステム

証券コード 2752

 

本社所在地:〒530-0046

大阪市北区菅原町2-16 FUJIO BLDG
代表番号:06-660-0301

 

本記事の数値データは「フジオフードシステム」HP⇒IRデータを参照しています。

上場各社のHPはこちらから
外食上場企業URL

他社の業績分析はこちらから
外食決算情報まとめ

各社の月次売上実績はこちらから
【外食産業】月次売上一覧 | 直近の各社売上データを比較!!

まとめ

今回は「フジオフードシステム」の第4四半期 本決算の結果を分析してみました。

売上高以外の項目については低い評価となり、総合評価で6.5点と低得点となっています。

数字を見るかぎり・・・

儲けるビジネスモデルが崩れてきているのかなあと感じる部分があります。

成長重視で今期も積極出店を行っていくと思われますので、藤尾社長の手腕が問われる場面が早い段階で出てきそうな気がします。

決算分析|大戸屋ホールディングス【3Q-2020年3月期】決算分析|アークランドサービスホールディングス【第4Q-2019年12月期】決算分析|クリエイト・レストランツHLD【2020年2月期】

 

 

 

スポンサーリンク