決算分析|フライングガーデン【第3Q-2020年3月期】

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

フライングガーデンの第3四半期決算の結果を振り返ります。

 

フライングガーデン
・北関東中心 ロードサイド型レストラン「フライングガーデン」を展開
・第3四半期の決算発表は2019年2月7日に実施されています。
・本決算は2020年3月です。
参考 爆弾ハンバーグ フライングガーデン-THE FLYING-GARDENフライングガーデン公式ホームページ

フライングガーデン 総合評価 7.0点

フライングガーデン 総合評価

決算分析【減収減益】

減収:売上高は5,297百万円で前年比▲215百万円(▲3.9%)

減益:純利益は121百万円で前年比▲131百万円(▲52%)

成長性:売上高前年比96.1%で4.0点の評価、営業利益伸長率は37.8%で1.0点の評価

利益面:営業利益率は1.7%で1.0点の評価

資産面:流動比率は85.4%で1.0点、自己資本比率は57.2%で1.5点の評価としました。

総合評価

・総合評価は7点と低い評価となりました。
・売上高の失速に歯止めがかからず、利益確保が厳しい状況になっています。

この販促は問題あるパターンかと・・・

損益計算書(P/L)

フライングガーデン 損益計算書

フライングガーデン 売上推移グラフ

フライングガーデン 利益率推移グラフ

 

MEMO

・立地や地域性の問題が大きいとは思いますが、有効な戦略が組めておらず苦戦が続きそうな印象です。

・売上原価率は昨年と変わらず31.6%です。

・販管比率は66.7%と昨年から+2.5%悪化しています。
人件費の高騰と、売上低下にともなう固定費率の増加が想定されます。

・営業利益率は1.7%、昨年から▲2.5%とダウンしており踏ん張りどころになっています。

期末予測値

期末の業績予想に対しての着地見込み

・売上高:97.6%
・営業利益:60.5%
・経常利益:73.3%
・当期純利益:47.7%

*期末予測値は第3Qまでの実績値に3/4かけ算したものを、業績予想と比較して求めています。

月次売上推移

フライングガーデン 月次売上

【外食産業】月次売上一覧 | 直近の各社売上データを比較!!

貸借対照表(B/S)

フライングガーデン 貸借対照表

フライングガーデン B/S
フライングガーデン 流動比率グラフ

フライングガーデン 負債

短期借入で2億円ですか・・・?
借入が積極的な投資にまわるならいんですが、今後の財務面に不安を感じさせます。

商品の一部紹介

http://www.fgarden.co.jp/index.html

http://www.fgarden.co.jp/index.html

http://www.fgarden.co.jp/index.html

 

キャッシュフロー計算書

フライングガーデン キャッシュフロー計算書
フライングガーデン キャッシュフロー計算書グラフ

店舗展開

フライングガーデン 店舗数グラフ

第3Q末時点で60店舗
群馬:11
埼玉:17
栃木:16
茨城:12
千葉:4

スポンサーリンク