決算分析|ダイナックホールディングス【第4Q-2020年12月期】

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

https://www.dynac.co.jp/

ダイナックホールディングスの第4四半期 本決算の結果を振り返ります。

 

ダイナックホールディングス
・サントリーHLDの外食事業 50のブランドを展開
・本決算の発表は2月7日に行われました。
参考 IR情報|ダイナックダイナック

ダイナックホールディングス 総合評価 ▲2.2点

ダイナックホールディングス 総合評価

決算分析【増収減益】

増収:売上高は37,189百万円で前年比+1,093百万円(+3.0%)

減益:純利益は246百万円で前年比▲525百万円(▲–%)

成長性:売上高前年比103.1%で5.5点の評価、営業利益伸長率は47.6%で▲6.0点の評価

利益面:営業利益率は0.3%で1.3点の評価

資産面:流動比率は47.3%で▲5.0点、自己資本比率は28.2%で1.0点の評価としました。

総合評価

・総合評価は▲2.2点とマイナス評価となりました。
・新店の寄与で売上高はプラスとなりましたが、利益の出るビジネスモデルの構築が進んでいない印象です。
*業態別の実績を確認してみたいところです。

https://www.dynac.co.jp/

損益計算書(P/L)

ダイナックホールディングス 損益計算書

ダイナックホールディングス 売上推移グラフ

ダイナックホールディングス 利益率推移グラフ

MEMO

14店舗の不採算店をクローズした影響もあって特損が475百万円を計上されています。
業態間のシナジーが今一つなこともあって、全体として採算ベースを回復するには時間がかかりそうです。

期末予測値

期末の業績予想に対しての着地

・売上高:100.1%
・営業利益:107.5%
・経常利益:102.5%
・当期純利益:▲238.6%

https://www.dynac.co.jp/

月次売上推移

ダイナックホールディングス 月次売上

【外食産業】月次売上一覧 | 直近の各社売上データを比較!!

貸借対照表(B/S)

ダイナックホールディングス 貸借対照表

ダイナックホールディングス B/S
ダイナックホールディングス 流動比率グラフ

 

キャッシュフロー計算書

ダイナックホールディングス キャッシュフロー計算書
ダイナックホールディングス キャッシュフロー計算書グラフ

店舗展開

ダイナックホールディングス 店舗数グラフ

第4Q末時点で249店舗(新規出店:9店舗、撤退:14店舗)

https://www.dynac.co.jp/

スポンサーリンク