決算分析|吉野家ホールディングス【2020年2月期】

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

吉野家ホールディングス第3四半期の決算結果を振り返ります。

 

*吉野家ホールディングスの2020年度 第3四半期の決算発表は2020年1月10日に行われています。
本決算は2020年2月末

株式会社 吉野家ホールディングス

証券コード 9861

 

本社所在地:〒103-0015

東京都中央区日本橋箱崎町36-2

代表番号:03-5651-8800

 

HP⇒https://www.yoshinoya-holdings.com/

本記事の数値データは吉野家ホールディングスHP⇒IRデータを参照しています。

 

牛丼の吉野家を軸に、はなまるうどんなども全国展開

上場各社のHPはこちらから
外食上場企業URL 決算分析|松屋フーズ【第3Q-2020年3月期】

総合評価 26.3点

吉野家 第3四半期 総合評価

増収増益

第3四半期までの累計
昨年同期比で売上高は+98.6億円(6.6%)増加、営業利益が+34.5億円、純利益で+33.3億円増と堅調に推移しました。

本業の稼ぎを示す営業利益率は1.8%となり、昨年から+2.2%ほど改善しています。昨年が赤字でしたが、一昨年と同レベルに回復しています。

資産・負債の推移

バランスシートは期首に対して、+152.8億円と膨らんでいます。
短期の借入金が+10.1億円の増加、長期借入金も+47億円ほど増加しました。
純資産は▲8.3億円とマイナスし、自己資本比率は▲5.9%と減っています。
残りの増加分は、今期から適用した国際会計基準(IFRS)によるものとしており、決算が1周するまでは決算短信からは不透明な状態です。

成長力の推移

セグメント別にみると、
吉野家:売上は7.6%増、4店舗の純増、既存店が好調に推移。
はなまる:売上は6.2%増、12店舗増。
アークミール:▲1.6%減、今期は12店舗閉鎖。
*不採算部門であったアークミールは安楽亭への売却が決定しています。
京樽:売上は3.6%増、店舗数の増減ゼロ。
海外部門:売上が4.7%増、店舗数は出店100の閉店40で60店舗の純増。

上方修正

2020年2月期の連結業績の上方修正が発表されています。

売上高 +7,000(+3.4%)

営業利益 +2,600(+260%)

経常利益 +2,500(+166.7%)

 

単位:百万円

好調の要因

吉野家において創業120周年施策として販売した、牛丼の新サイズ「超特盛」「小盛」、「特撰すきやき重」、「月見牛とじ御膳」などの商品施策や、6月に実施した「テイクアウト80円引き」などの販売施策も好評だったことに加え、消費増税が行われた10月以降も「牛丼・牛皿全品10%オフキャンペーン」や冬の定番「牛すき鍋膳」「麻辣牛鍋膳」などの施策が好調に推移しており、10月以降の既存店売上高も前年を大きく上回って推移しております

損益計算書(P/L)

吉野家 損益計算書 第3四半期

吉野家 原価率グラフ 従業員・平均年収グラフ 第3四半期

貸借対照表(B/S)

吉野家 貸借対照表 第3四半期

吉野家 B/S ROE/ROA 第3四半期

吉野家 自己資本比率グラフ 流動比率グラフ 第3四半期

キャッシュフロー計算書

吉野家 キャッシュフロー計算書 第3四半期

吉野家 キャッシュフローグラフ 有利子負債グラフ 第3四半期

店舗展開

吉野家 店舗数グラフ 第3四半期

 

株価推移

吉野家 株価チャート 第3四半期

2020年1月9日時点

株価:2,960円
時価総額:192,783百万円
PER:1909.68倍
PBR:3.86倍

出典⇒https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart

スポンサーリンク
決算分析|松屋フーズ【第3Q-2020年3月期】