実力を発揮するために メンタルマネージメントで心を整えよう

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

今回はメンタルマネジメントの話をします

成功する人と失敗する人って、そもそもの考え方が違っています。

なぜなら成功っていうのは偶然に転がり込んでくるもんじゃなくて、あるべき道を進みながら手にいれるというか、到達するものだからです。

山の頂上を目指そうと思ったら、そこに行くために何をしたらいいかを考え計画し、準備し、行動つまり頂上に向かって歩かないとダメなんです。

願えばいつのまにか叶いますってわけじゃないし、家を出て歩いてたらいつの間にか山の頂上にいたってこともないんです。

あなたが自分の目指す道を歩むためには、心を整える、つまりメンタルマネージメントについての基本を理解しておくことが不可欠なのです。

セルフイメージを変化させる

自分自身へのセルフイメージが、自分の実力や行動に限界を作っています。

 

人は生まれてから今まで生きてきた中で、トラウマになってることや、失敗体験や、人からダメ出しされたり、注意されたりを積み重ねていく中で、自分の本当にもっている力以下のセルフイメージを持っています。

 

セルフイメージを変化させるには、こうなりたいという自分を描き、そのためには何をしないといけないかを考え、毎日その実現に向けて行動することです。

 

人は新しい行動を3週間続ければ、それが新しい習慣となっていきます。

 

新しい習慣を続けていくことで、そうすることがむしろ自分らしいと感じるようになります。

この習慣化された行動の変化こそセルフイメージを変化させるものです。

最初は意思の力が必要ですが、その後は意思の力を使わずに勝手に望む方向に進んでいきます。

 

また楽しいこと、上手くいったことを記憶に残してください。

失敗や苦い体験は思い出さないように忘れてください。

失敗はマイナスのセルフイメージを強化させます。

顕在意識(意識)について

人は一度に一つのことしか考えられません。

その時その時のやるべき事や考えるべきことに集中してください。

まず自分が何をしたいのかを顕在意識でしっかりイメージすることが大切です。

そのイメージを強化して実現に近づけるためには紙に書き出したり、言葉として声に出すことが有効です。

達成したい目標が大きいものの時はエレファントテクニックを使ってみてください。

これは大きいものを小さくパーツに分解していくことで改善を進めていく方法です。

大きな象を食べようと思ったら、小さく切り分けて、一つ一つ時間をかけて食べていくことで目標を達成することからきています。

潜在意識(無意識)とは

潜在意識はあなたを動かす強力なエンジンです

(顕在)意識が何をしたいかを明確にイメージすると、潜在意識はそれを達成する方向に自動的に働きだします。

あなたが、成功のイメージをもてば成功するために必要な情報を無意識のうちに集めたり整理したり行動を促すようになります。

逆に失敗のイメージをもてば無意識はそれを実現させる方向に動いていきます。

 

こんな話を聞いたり、体験したことありませんか?

日常の風景の中で、赤色のものを探してみてって言われると、何気なく見ていた景色から赤い色のものが目に飛び込んできたり、何かを手に入れなきゃって思ってた物があって、すっかり忘れていたんだけど、店の看板をみて「あっ」て思い出すとか。

 

顕在意識と潜在意識は結びついています。仕事が上手くいかないな、それをやるのは難しいな、人間関係では苦労するなとか、マイナスに考えるクセがついていると、実際その通りになって上手くいきません。

まとめ

まずセルフイメージを高めるために自分がこうなりたいってイメージを作って、やるべきことを決め、毎日少しづつ努力することが出発点です。

その積み重ねがあなたにとって自信につながり、プレッシャーのかかる状況下でも十分に実力を発揮することにつながると思います。勝者のメンタリティーってやつを手にいれてください。

 

スポンサーリンク