決算分析|ワイズテーブルコーポレーション【2020年2月期】

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ワイズテーブルコーポレーションの第3Q決算結果を振り返ります。

 

*ワイズテーブルコーポレーションの2020年度 第3四半期の決算発表は、2020年1月10日に行われています。
本決算は2020年2月末

総合評価 5.6点

ワイズテーブルコーポレーション 第3四半期 決算評価 

2019年度との比較では増収増益

【前年比較】

  • 売上高:+1,700万円(+0.2%増)
  • 営業利益:+1.78億円増(黒字化)
  • 純利益:+2.71億円増

高級レストラン業態のXEXグループが営利前年比で94.9%増加しており、全体数値をけん引しています。

人材派遣事業がまだまだ軌道に乗れず(売上前年比▲7.9%減)、足を引っぱる状態が続きそうです。

総評として、本業での稼ぎは改善傾向にあるものの、①自己資本比率の低さ(12%)、②流動比率の低さ(83%)と比較して、キャッシュを稼ぐ力が足りないと判断しています。

経営の安全面からみて厳しい状況が続いていることに加えて、ビジネスモデルをどう再構築していくのかが見えないことなどから低い評価点となりました。

損益計算書(P/L)

ワイズテーブルコーポレーション 第3四半期 損益計算書

ワイズテーブルコーポレーション 第3四半期 売上高グラフ 営業利益グラフ 利益率推移グラフ

ワイズテーブルコーポレーション 第3四半期 伸長率グラフ 原価率グラフ 販管費率グラフ

ワイズテーブルコーポレーション 第3四半期 店舗数グラフ 従業員数グラフ 平均年収グラフ

貸借対照表(B/S)

ワイズテーブルコーポレーション 第3四半期 B/S 貸借対照表

ワイズテーブルコーポレーション 第3四半期 B/Sグラフ

ワイズテーブルコーポレーション 第3四半期 自己資本比率グラフ

ワイズテーブルコーポレーション 第3四半期 流動比率グラフ

ワイズテーブルコーポレーション 第3四半期 ROE/ROAグラフ 有利子負債グラフ 現金同等物グラフ

キャッシュフロー計算書

ワイズテーブルコーポレーション 第3四半期 キャッシュフロー計算書

ワイズテーブルコーポレーション 第3四半期 キャッシュフロー計算書グラフ

店舗展開

ワイズテーブルコーポレーション 第3四半期 店舗数推移グラフ

今期は、国内外のカジュアルレストラングループの7店舗をクローズ。

フランチャイズ部門の業績改善のテコ入れが急務。

株価推移

ワイズテーブルコーポレーション 第3四半期 株価チャート
出典⇒https://info.finance.yahoo.co.jp/

2020年1月11日時点

株価:2,520円

年初来高値:2,748円

年初来安値:2,223円
時価総額:6,705百万円
PER:36.84倍
PBR:13.42倍

配当金/株主優待情報

配当金実績

過去の配当実績はありません。

2017年2月:0円
2018年2月:0円
2019年2月:0円
2020年2月(予定):0円

株主優待

ワイズテーブルコーポレーション 第3四半期 株主優待
出典⇒https://info.finance.yahoo.co.jp/

企業情報

株式会社 ワイズテーブルコーポレーション

証券コード 2798

 

本社所在地:〒107-0052

東京都港区赤坂8-10-22

代表番号:03-5412-0065

 

HP⇒http://www.ystable.co.jp/

 

本記事は、以下の数値データを参照しています。
・ワイズテーブルコーポレーションHP⇒IRデータ

・会社四季報最新版(東洋経済)
・Yahooファイナンス

 

上場各社のHPはこちらから
外食上場企業URL


 

スポンサーリンク