野菜物語と世界に一つだけの花 家庭菜園の話

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

今回、変なタイトルと思いましたか?

家庭菜園をやっていたころのを思い出したんで、その話をしたいと思います。

 

家庭菜園の話

5年くらい前に、家庭菜園をやっていました。

畑を借りて、自分で野菜の種や苗を植えて育てるやつです。

 

借り賃は1年間で5,000円くらいでした。

 

俺の夢は自分で育てた野菜で料理を作るんだって!!

 

家庭菜園を始めた土地は、もともとは遊閑地でした。

 

最初のうちは、畑にするために石ころをどかしたり、雑草を抜いたり、土を耕したりと、予想とちがってハードな肉体労働でした。

でも、

青空のしたで、土のぬくもりを感じる・・・

大地と一緒に呼吸している感覚を味わえる楽しさを味わうことができます。

 

整えた土に種を植え水をやります。

やがて小さな芽が出てきます。

新たな生命の誕生です。

 

日に日に苗は成長していくのですが、

雑草の成長の方が早くて放っておくと、野菜は成長競争に簡単に負けます(一一”)

 

畑に行く度に、せっせと雑草を取り除きます。

毛虫など葉っぱを食い散らかす虫も参戦してきます。

農薬散布はいやだったので、虫を取り除く作業を家庭菜園にいくたびに行います。

 

植えたばかりの、エンドウ豆を鳥にソッコーで食べられたこともあります。

きれいに植えた場所だけ穴があいていて・・・

「えっと・・・? ちきしょう!」

 

苗を大きく育てるために土に栄養を与えます。

水もそうですが栄養も与えすぎはダメなんです。

太陽に見守ってもらうことが大切です。

でも、暑すぎると育ちが悪くなることもあります。

「あぁ・・・やせ細ってしまった・・・」

 

時として運を天に任す場面もあります。

台風や大雨が来るのは怖いです・・・。

 

冬には畑にワラを敷いて寒さ守ります。

 

成長を遂げた野菜たちは花を咲かせます。

ひまわり

自分が育てた「世界で一つだけの花」ってやつです!

花はやがてその種(果実)を実らせることで命をつないでいきます・・・

 

創造していくこと

新しい何かを創造していくことって一緒です。

 

店作りも人の育成も

作物が育つためには畑を良い環境に整備することが大切

 

水も太陽も栄養も必要

その子が育とうとする気持ちも必要

 

一人ひとりが輝きを見せる

あなたがいろんな花を咲かせていくことを期待しています!

 

スポンサーリンク