お店を観察するときは過去を消し去る ゼロベース視点のすすめ 

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

お店を見る時に心がけていることの一つとして、いつも今のリアルな姿がどうなのかってことを大切にしています。

 

ちょっと分かりにくいかなと思いますが、昨日は単なる過去の出来事に過ぎず、その記憶を引きずって今を見ると、お店の真実の姿が歪んで見えてしまうと感じています。

 

ゼロベース視点で見ることが大切

 

過去から今へ時間はつながっているため、ゼロベースで見ないと慣性の法則による影響をモロに受けて、無意識のうちに視覚や思考の一部が奪われてしまう気がします。

 

見てるものが風景になってしまっていたり、思考停止してる状態ってやつ。

 

お店の店長やスタッフ達の過去の実績(成功)や、評価や経験からくる思い込みにマネージャーが囚われてしまうと、いろんな意味でお店の劣化に気づきません。

 

 

スポンサーリンク