棚金が膨らんでませんか

スポンサーリンク

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

自分の家にある冷蔵庫をイメージしてみてください。

扉を開けると、中には食材がぎっしり。

一つ一つを手に取ってみます。

みずみずしさの欠片もない野菜、ドリップまみれで変色しかかった肉、賞味期限が過ぎようとしてる加工食品、食べきれないであろう卵、使わないドレッシングや調味料などがゴロゴロしてるとしたら…

美味しそうですか?

食べたいと思える状態かな?

そんなに食べれる?

そんなに買う必要があった?

 

こんな有り様だったら、スーパーやコンビニで買い物をする時に、何がどれくらい必要か、ちゃんと検討すべきだったなって思いますよね。

 

電気代もかかるし(–;)
image

 

さて、店の冷蔵庫の中を覗いてみましょう。

ちょっと多くないかな?

回転してない食材が眠ってないかな?

どの食材も美味しそうに見えるかな?

そもそも自分の金で買うとしたら、そんなに食材を買うのかな?

今ある在庫量をきちんと数えたり、必要な量がどれくらいかをよく考えたり、金額でいくら分を仕入れるかをもっと悩むべき、考えるべきなんじゃないかな。

経営者感覚を一言で言うと・・・

自分の財布の感覚で店の運営(特にキャッシュの動き)を考えられるかどうかなんです。

 

スポンサーリンク