店長は経営者であるべき

 

今回は『結果を出すために割り切ってみては』という提案をします。

美味しい料理を提供していれば客数は増える。
いいサービスをしていれば売上は上がる。
売上が上がれば利益は自然と出てくる。

そう自分に言い聞かせてきた時期があります。
いい時も悪い時もありましたし、今でも間違っていたとは思いません。

でも、そう考えていて結果の出ない長い時期を過ごした自分がいました。

人件費を削減すれば、お待たせする場面が増えて売上が落ちてしまう。
スタンバイを減らせば、料理提供が遅れてしまう。
在庫を絞れば品切れが発生してしまう。

売上と利益を上げることを求められながら、それと矛盾することに縛られ思考停止してしまう。

思考停止しているときは、理想を念仏のように唱えているだけの状態でした。

自分が店の経営者やオーナーだったら何を優先させねばならぬのか。

いっそのこと売上と利益を上げることに専念してみては。

そのためにしなければならないことを一つずつ積み上げていこう。

ある時を境に発想のスタート地点を変えてみました。

極論と思われるかもしれませんが、

数字にはお店で行われている全てのことが織り込まれています。

売上高はお客様のお店に対しての満足度を表しています。

客数の推移はお店の存在価値を認める人の増えた数と減った数の差です。

客単価はコスパに対しての評価で、お店に対してお客様がこれくらいまでなら払っていいって思う金額です。

利益はお店の管理レベルの結果です。

材料費や人件費が高いのは、店長の管理能力不足とオペレーションレベルが低いからです。

店長の売上予測がいい加減だったり、

売上を無視した発注や仕込み、ゆるい労働時間投入しているからです。

スタッフのレベルが低いのは、

個々のスタッフの目標設定や動機づけ、能力向上のためのトレーニングを行っていないからです。

全ての結果に対して責任を持つことが経営者です。
 
店長は経営者であるべきです。

結果に対して逃げないことです。

視点を変えて、数値を改善していくことを目的にすると、お客様の満足度を上げることは手段となります。

店長の計数管理能力を磨いたり、スタッフのモチベーションを上げたり、オペレーション教育を行っていかねばなりません。

そのために将来のビジョン(目指す姿)を示すことも必要になります。

今日の目標数値は確認したか。
名札は見えるようにきちんと全員がつけているか。
トイレのチェックは1時間に1回以上行われているか。
スタッフ一人ひとりに声をかけたか。

小さな一つ一つのことを積み上げていくことが大切です。

その努力の量と方向性が正しかったかは、売上や利益の数値変化が表れてきているかどうかで判断できます。

それで判断されるのが経営者です。
自責と他責というのがあります。

問題が発生している時に、自らの責任と考えるか、周りの誰かや何かのせいにするかの違いです。

他責優位の発想では、物事の改善が進みません。

何故ならば問題があるのはすべて環境のせいで、自分はやるべきことをしっかりやっている。

これでは新しい発想や次の行動がありません。

「結果が出ないのは自分のせいです」

あなたの心の奥底にある本音でそう言ってますか?

最後に、サイゼリヤの正垣泰彦氏の言葉をあなたに送ります。

あなたはどう感じますか?

「おいしいから売れるのではない、売れているのがおいしい料理だ」



Thank you for always reading this blog.

In this time we will make a proposal saying “Try to divide to give results.”

The number of customers will increase as long as delicious food is offered.
If you do good service sales will rise.
If sales increase, profits will come out naturally.

That’s right. I have a time to tell myself.

There were good times and bad times, so I do not think that I still made mistakes.

But, I was there who was thinking so and had a long period of unexpected results.

Reducing personnel expenses will increase the number of scenes to wait and lower sales.
If you reduce standby, cooking will be delayed.
Shrinking inventory will cause out of stock.

While being asked to raise sales and profits, thinking that it is bound by inconsistency with it is time to stop.

When thinking is stopped, it is just a state of chanting the ideal like a nun Buddha.

If you are a manager or owner of a store, what should you give priority to?

Better yet, try concentrating on raising sales and profits.

Let’s build up what we have to do one by one.

I tried changing the starting point of the idea at a certain time.

Perhaps it seems to be extreme, but all the things being done at the shop are incorporated in the figure.

Sales represent the degree of satisfaction with the customer’s store.

  trend in the number of customers is the difference between the number of people who recognize the existence value of the shop and the number reduced.

The customer unit price is the evaluation against COSPA, and it is the amount of money that you think you can pay for the shop about this.

The profit is the result of the store management level.

Material expenses and personnel expenses are high because the store manager’s management ability is insufficient and the operation level is low.

The store manager ‘s sales forecast is sloppy,

We are placing orders, preparations and working hours ignoring sales.

The level of the staff is low,

We are not doing training or motivating for individual staff’s goal setting and capacity building.

I think that management is responsible for all the results.

The store manager should be a manager.

Do not run away against the result.

Changing the point of view and improving the numerical value is a means to raise customer satisfaction.We have to polish the counting management capability of the store manager, raise the motivation of the staff, and conduct operation education.

For that, we need a future vision (aim).

Have you confirmed today’s target figures?
Are all the people wearing properly so that the name tag can be seen?
Is the toilet check done more than once per hour?
Did you call out to each of the staff?

It is important to accumulate small things one by one.

Whether the amount and direction of the effort was correct or not can be judged by whether or not numerical changes in sales and profits are appearing.

Because it is the manager who judges it.

There are self-responsibility and other responsibility.When problems are occurring, it is their own responsibility or whether to blame someone else or something around.

Improvement of things does not proceed with ideas of other responsibility superiority.

Because all the problems are due to the environment, I am doing what I have to do.

With this there is no new idea or next action.

“It is my fault that there are no results”

Are you saying that in your heart’s deep intention?

 

 Finally, I will send you the words of Mr. Yasuhiko Masakaki of Saizeriya.

How do you feel?

“It’s not delicious because it’s delicious, it’s a delicious dish that sells good.”




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です