競合店調査 ストアコンパリゾンとは

今回は「ストアコンパリゾン」競合店調査についての話です。

目的を明確にする

物事は全てそうですが、行動する前にその目的を明確にしましょう。調査する目的は、他店舗の成功要因を調べて自店舗の改善に役立てていくことです。

最初は、自分が劣っているのを認めたくない気持ちも働き、同業として悪い部分のほうが目につくと思います。それでは目的を果たせないので、良い点が何かをしっかりみてください。

一人の客として学ばせていただくという謙虚さをもって訪問することが大切です。顧客視点に立って、その店が選ばれている理由を考えていきましょう。

どんな店を見るといいのか

目的によっても違ってきますが、業績の良い店、評判の店、繁盛店をみてください。

特にナショナルチェーンの店は再現性のある何かを強みとして持っています。その核となっているものが何かを探っていきましょう。

あなたが開業前であれば、開業を予定している場所の周辺2~5km圏内の調査を。既に店舗運営しているならば、自店舗の周辺の競合店調査から始めるのが良いでしょう。

何を見るのか

●立地

立地上の特徴は
店舗前の通行量は
入りやすいつくりになっているか
駐車場は何台あるか
駐輪場のスペースはどれくらいか

●設備

看板は
店外への販促物は
外壁の色は
外装の特徴は
目を引くものがあるか
入口の特徴は
バリアフリーは
内装の素材や色は
使っている照明は、明るさは
床の素材は
テーブルの大きさは
テーブルの色や素材は
イスのつくりは
パーティションは
禁煙・喫煙・分煙は
トイレのつくりは
BGMは

●商品

メニューの特徴は
メニューは見やすいか
商品構成はどうなっているか
価格はいくらくらいか
味付けはどうか
売れ行きのいい商品は何か
どんな食器やグラスをつかっているのか
量目はどれくらいあるのか
特に目についた商品は何か

●接客

接客態度はいいか、悪いか
いいなと感じた点と、気になった点は何か
案内、オーダー、会計など、それぞれのシーンでの接客の特徴は何か
オペレーションの標準化の程度は
商品知識はあるのかないのか
制服の印象は

●客層

どういった客層が来店しているか
どういったメニューを頼んでいるか
どこから来店しているのか
来店方法は

注意すべきこと

店内設備の撮影はマナー違反になる可能性あるので控えましょう。きょろきょろしすぎると挙動不審者に思われるので気をつけましょう(笑)

チェックすべきことが、なかなか浮かばないようであれば、事前にチェックリストを用意しておきましょう。

記録と追跡

訪問した日時、店舗名と一緒にチェックで挙げた項目を記録に残していきます。また個別でチェックした項目をまとめて、全体としてみた時にどこが強みになっているかを考えてみてください。自分ひとりの視点よりも友人・知人・家族などと出かけ、気付いたことなどを挙げてもらうと良いでしょう。

また店舗視察も一度行って終わりでなく、時間帯や日にちをずらして定期的に見に行ってください。以前はこうだったとの先入観を捨て、ゼロベースの視点で観察してください。きっと新たな気づきが得られると思います。

他業種からも学ぼう

今、売れている商品や素材が何かを知るために、スーパーやコンビニなどで何が売られているかをチェックすることも学びが多くあります。スーパーやコンビニは、商品の入れ替えが盛んなので売れ筋の商品が何かを知ることができます。

最後にアリシア・キーズの言葉を・・・ 私はライバルに敵意を持たない。私はライバルから多くを学んでいく。

アリシア・キーズ
歌手
1981年1月25日生まれ
米国ニューヨーク州出身

…世界でのアルバム累計セールス3,000万枚以上

 


大変励みになります。良かったら応援のポチお願いします。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。