パブリックスピーキングのスキルとは

 

 

パブリックスピーキングとは

「パブリックスピーキング」とは、シンプルに言えば人前で話すことです。一般的には人前でのスピーチや、プレゼンテーション、演説などを指します。

パブリックスピーキングは、人が絡む社会の中で古来から普遍的に必要とされてきたスキルです。今までの日本ではそこまで重要視されるスキルではありませんでしたが、グローバル化が加速する中では必須のスキルとなってきました。パブリックスピーキングのスキルを身に付けていくことは、雑多な資格をとることよりもはるかに有用な果実をあなたにもたらしてくれるでしょう。

 

最初に

あなたは人前で話そうとすると声が小さくなってしまったり、緊張して言葉が上手く出ないという悩みや不安を抱えていませんか?

最も大事なことを最初に言っておくと、

上手くやろうと思わないことが大切です!

人が緊張するのは、プレッシャーがかかったときです。プレッシャーって何かと言えば、自分がやれるかどうかを不安に感じる時に起きます。

地面に置かれた20cmの幅の板を渡るのは誰でもできますが、50mの高さのビルの間にかかっている20cm幅の板を渡るのは非常に難しい。なぜなら絶対に失敗できないという気持ちに心が囚われてしまうからです。

人前で話す時にあがらないためには、実力以上に見せなくていい、特別に上手くやる必要はない、背伸びしない普段通りの自分でいいんだっていう気持ちが大切なのです。

じゃあ普段通りの自分を出すためにはどうしたらいいのか?
その普段通りっていう、その普段レベルを上げるにはどうしたらいいんでしょうか?

まずは練習っていう努力をしてみましょう!!

人前で話すこともスキルの一つなんで、先天的な素質をもたない大多数の人は、その無いスキルを身に付けるためには練習するしかないんですよね。

話すの苦手なんで何とかしたいんだけどって人で、話す練習を継続してやってる人って聞いたことがありません。

さて、人前で話すことが求められた場合は背伸びしないことが大切なことと、普段通りのレベルを上げるには努力が必要という話をしましたが、そこから一歩進めて、未来では100人や1,000人の前でも自信をもって話せるようになれたらすごいですよね!

聴衆の気持ちをわしづかみにして自在に話す「スティーブジョブス」のようになれたら最高ですよね!

そこをゴールとすると限りなく遠くになってしまいますが・・・(笑)
少し今の自分よりは遠いなくらいのレベルで、こうなっていたいっていうセルフイメージを描いてみませんか?

人前で自信満々に話しをしている私・・・

私が話をするとみんながうなずきながら聞いていてくれる・・・
私の想いが熱量としてみんなに伝わっていってる感覚・・・

そのためのコツやヒントをこれから書いていきます。

千里の道も一歩より

その最初の一歩を今から踏み出してみませんか?

パブリックスピーキングが上手になるとどういうメリットがある?

パブリックスピーキングの力が上がると、聞く人に対してこちらの意図した影響を与えることが出来るようになります。

社長であれば社員にやる気を起こさせることが出来ますし、営業マンであればお客さまの気持ちを動かして商品を買ってもらったりすることが出来るようになります。

すなわちパブリックスピーキングの上手な人は組織の中でリーダーシップを発揮したり、対人関係の場面において非常に有利な立場に立つことができます。


パブリックスピーキング力を上げるための第1歩

まずあなたが聴衆受けするような魅力的な人物になる必要があります。何を話すかってことよりも、聞いてる人々があなたが話すことに何を感じるかが重要なんです。

そのためには魅力を上げないと

魅力を増すためには、魅力のある自分という姿をイメージして、その役割を演じられるようにならねばなりません。

すなわち人に影響を与えるための第一歩は自分の役作りからです。自分の今までのセルフイメージを塗り替え魅力的な人物になることを決意してください。


どうやってイメージを作ればいいのか?

貴方が話を始めると、会場を埋めつくした聴衆は目を輝かせながら聞きいっています。 そんなイメージは出来ないなって行き詰ってしまう人は、まずはあなたが魅力的だなって思える人物を思い描いてみてください。

経営者だったらソフトバンクの孫さんでも、ユニクロの柳井さんでも、芸能人の福山雅治さんでも、小栗旬さんでも、竹ノ内豊さんでも、身近な知人でも構いません。

どんな声でどんな話し方をしますか、言葉の言い回しは、表情は、身振りは、立ち姿や歩き方は・・・

イメージできましたよね!

あなたはその役になりきって演技してみましょう。

残念ながら、マネしても本人じゃないし意味ないのではって考えて行動しない人も一定数いると思います。

そこで思考が停止してしまう人は、未来永劫にわたって変わることはないでしょう。 何故なら、自分に変化を起こすためには、まずは私っていう殻を外さないとならないんです。

その殻を外すために必要なことはたった一つ。

信じて行動することなんです。

最初はコピーで構いません。マネした分だけ演技力が上がっていきます。演技力が上がるってことは自分ブランドの価値が高まっていくことです。

自分ブランドの価値が高まっていくってことはあなたの魅力が上がることに直結します。今までの自分がいた位置よりも、もっと高いステージに上がっていくことにつながります。

役者は、名優の演技を学び真似をすることで成長していきます。その役を徹底して演じることで、実は自分の中にある何かと化学反応が起こってきます。そして誰かのコピーでない自分イメージ、自分ブランドのオリジナルが誕生してくるのです。


練習して分析してみましょう

ビデオカメラやスマートホンで録画をとりながら、パブリックスピーキングの練習を繰り返してみましょう。話す力ってのは、机に座って頭で理解する勉強とは違って、運動に近い感覚だと思います。

一流のアスリートは、何百・何千・何万の練習の繰り返しによって洗練された技を身につけていきます。 またコーチに教えを受けたり、録画を見ながらあの場面では手の動きをこうしたほうがいいなとか、頭の位置が少しずれていたなとか振り返って活かしていきます。

声の大きさや聴きとりやすさはどうか、話すスピードはどうか、手の動きをいれたほうがいいのではないかとか、話が助長すぎるんで5分くらいでもう少し要点をまとめて話たほうがいいなとか。

漫然とした練習では思ったほどの効果は出にくいので、何のためにやるのか、練習の目的はしっかりさせるべきです。発声や話し方の気を付けるべきことなどは、いずれ別の記事で紹介したいと思います。


リハーサル

もし本番で話す会場や会議室が決まっているならば、リハーサルすることをおススメします。

広さは何人くらい入れるのか、席の配置はどうなのか、照明はどうなっているのか、音響はどうなっているのか。聴衆側の席に座って、そこからどんな風に見えるのかもチェックしてみましょう。

10分間話すのか、30分なのか、1時間なのか・・・実際に時間を計りながらリハーサルします。プロジェクターなどの設備を使う場合は、その動作確認は必須です。トラブルが発生した時の対応策も考えておきましょう。ホワイトボードを使うのならば、それぞれの席からボードがどう見えるのかの確認も必要です。

それぞれ確認した後で、より効果を出すためにはどう演出したらいいかの組み立てを行ってください。

勝負は試合の始まる前のお膳立てがどこまで出来たかで決まります。


本番では

本番に入る時の「ルーティン」を決めることは非常に重要だと感じています。
ルーティンと言えばバッターボックスに入る時のイチローが有名ですね。

 

この記事の最初に述べた平常心というか、いつもの自分であるためにも、自分の決めたルーティンという儀式を行うことが、安定したパフォーマンスを発揮することにつながると思います。

出だしが肝心です。
自信満々な口調で話し始めましょう。最初は聞き手もエンジンがかかっていませんので、ゆっくりはっきりした口調でスタートしてください。

話し手に動きがないと聞き手は集中力が続きません。

直立不動で話をするなどもってのほかなので、顔を動かして視線を左右に向ける、身振り手振りを交える、立って話しているのであれば少し歩いて移動するなどの動きが必要です。

なかなか100%満足した出来栄えはなかなか得られないと思います。

でも、今日頑張ったあなたの経験が、さらなる高みへ続く大事な一歩として刻まれたことも間違いありません。

一歩・・・また一歩と・・・その歩みを積み重ねていきましょうか!

 

Always thank you for seeing this blog.

What is public speaking?

“Public speaking” is simply to speak in public, simply speaking. In general, it refers to public speeches, presentations, speech etc.

Public speaking is a skill that has been universally required from ancient times in a society involving people. It is not a skill that has been regarded as important in Japan until now, but it has become an essential skill as globalization accelerates. Building public speaking skills will bring you much more useful fruit than taking miscellaneous qualifications.

At first

Do not you have troubles and anxiety that your voice gets smaller when you try to talk in front of people, or you feel nervous and your words do not go well?

The most important thing to say first,

It is important that you do not want to do well!

People get nervous when pressure is applied. Speaking of something, it happens when you feel uneasy about whether you can do it or not.

Everyone can cross the 20 cm wide board placed on the ground, but it is very difficult to cross a 20 cm wide plate that is hanging between 50 m high buildings. Because the heart is caught up by the feeling that it can never fail.

In order not to raise when speaking in public, you do not have to show it beyond your capability, do not need to do it specially well, feelings that it is okay with yourself as usual you do not stretch your eyes is important.

So what do you do to get yourself out as usual?
What should I do to raise its usual level as it normally does?

Let’s start by trying practicing! It is!

Because speaking in public is also a skill, the vast majority of people who do not have innate qualities can only practice in order to acquire skills that do not exist.

I’m not good at talking, so I want to do something, but I’ve never heard of people who are continuing to practice speaking.

Well, when we were asked to speak in public, we talked about the importance of not stretching out and that we need to make efforts to raise the usual level but from that point forward we will have 100 people in the future It is amazing if you can be confident with speaking even before 1,000 people!

It is awesome if you become like “Steve Jobs” who speaks freely about the feelings of the audience and freely!

If it is a goal, it will be far away, but … (lol)
Why do not you draw a “self-image” that you want to be like this at a level far away from yourself a little bit?

I am talking confidently in public · · ·

When I talk, people are nodding while listening · · ·
Feeling that my feelings are being conveyed to everyone as a calorie …

I will write about the tips and hints for that.

The path of a thousand miles is also one step

Why do not you take that first step from now?

What are the advantages when public speaking skills are good?

As the power of public speaking goes up, we will be able to give this listeners the intended effects.

If you are the president you can motivate our employees, and if you are a salesman you will be able to move customers’ feelings and buy products.

In other words, people who are good at public speaking can demonstrate leadership in the organization and stand in a very advantageous position in interpersonal relations situations.

First Step to Increase Public Speaking Ability

First of all you need to be an attractive person that you will be able to receive. Rather than talking about what people are listening to, it is important what you feel about what you speak.

In order to do that we have to make charm

To increase the appeal, you must be able to play the role of imagining yourself as an attractive person.

In other words, the first step to influence people is from making their own role. Please refresh your self self-image and decide to become an attractive person.

How can I make an image?

As you start talking, the audience who filled the venue listens while shining their eyes. Those who are unable to do such an image, first try to imagine a person who seems to be attractive.

So if you are a manager, you can do Softbank’s grandson, UNIQLO’s Mr. Yanai, entertainer Masaharu Fukuyama, Oguri Shun, Mr. Yutaka Takenochi, familiar acquaintance.

In what kind of voice do you speak, the wording of words, expressions, gestures, standing and walking …

You can imagine it!

Let’s just try to act as a part of that role.

Unfortunately, even if I manage it I think that there are a certain number of people who think they do not act because they are not themselves and do not act.

Those who stop thinking there will not change ever after. Because, in order to make a change to yourself, you must first remove the shell called me.

There is only one thing necessary to remove its shell.

Believe and act.

Let’s practice and analyze

Let’s repeat the practice of public speaking while recording with a video camera or smart phone. I think that speaking ability is close to exercise, unlike studying to sit down at the desk and understand with your head.

Leading athletes will acquire sophisticated techniques by repeating hundreds, thousands and tens of thousands of exercises. Also, while receiving coaching or watching the recording, I will make use of it in retrospect as to whether the hand movement is better in that scene or the position of the head was slightly misaligned.

Whether it is the size of voice and the ease of listening, whether it is better to talk about speed, whether to move hands or whether it is better to talk about the main points a bit more in about 5 minutes because the story is too long .

Because it is difficult to produce the effect as you expected in a cramped exercise, the purpose of practice should be firm, as to what to do for. I would like to introduce in a separate article which things should be taken care of speech and how to speak.

 rehearsal

If the venue and the conference room to talk on are decided, we recommend you to rehearse.

How many people are there to put in space, how to arrange the seats, what is lighting, what is the sound like? Let’s sit in the seat on the audience side and see what it looks like from there.

I will talk for 10 minutes, 30 minutes or 1 hour … I actually rehearse while measuring the time. When using equipment such as a projector, its operation check is indispensable. Let’s also consider countermeasures when trouble occurs. If you are using a whiteboard, you also need to see how the board can be seen from each seat.

After confirming each, please do assemble how to produce how to produce more effect.

The game is decided by how far it was made before the game started.

In productionI feel that it is very important to decide the “routine” when entering the production.
Speaking of routines, Ichiro at the time of entering a batter box is famous.
I think that conducting the ritual of routine that I decided to lead to stable performance, in order to be the usual self as a normal mind mentioned at the beginning of this article.The start is the key.
Let’s start talking with a self-confident tone. As the listener is not engined at the beginning, please start slowly with a clear tone.

If there is no movement in the speaker, the listener will not concentrate.

Because it is a little strange to talk with erect immovable, move your face, turn your eyes to the left and right, interdigital gestures, if you are talking standing you need to move a little walk and move.

I think that it will be difficult to get a satisfactory performance that is quite 100% satisfied.

However, it is no doubt that your experience who worked hard today was engraved as an important step that continues to further height.

One step … Another step … … Shall we step up that step!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です