決算分析|カレーハウスCoCo壱番屋【2019年第3Q決算報告】

今回取り上げる「CoCo壱番屋」ですが、外でカレーが食べたくなったときに利用させて頂いてます。3か月に1回くらいですかね。。。

 

自分流のカレーをアレンジして作れるのが売りなんでしょうけど、最初に利用したときは、「なんて分かりずらいメニュー」と絶句した記憶があります。今でも、「当店の人気TOP5」とか、メニューで店のおススメがあって、サッと選べるといんだけどなーとは思います。

 

基本オーダーの仕方は

①ソース,②ライスの量,③④辛さ・甘さ,⑤トッピングをそれぞれチョイスしてオーダーになります。

 

CoCo壱番屋メニュー

 

何かのカタログみたい・・・(笑)

 

味の方は、ライスはいつ行ってもツヤもあるし、粒がしっかりしているし、硬さもOKで外れたことはないかな。カレールーは気持ち粘度がもうちょいあってもいいかも。。。トッピングは安いの選んでるせいもあるかもだが、、、外してばっかりwww

 

 

さて本題に、、、

 

カレーハウスCoCo壱番屋の第3Qの決算が出てたので、参考として数値をまとめてみました。

 

株式会社 壱番屋

HP https://www.ichibanya.co.jp/

 

CoCo壱番屋 第3Q業績

早速、CoCo壱番屋の業績を振り返ってみましょう。

 

2019年2月期 第3Q決算 単位:百万円 %

売上高 営業利益 経常利益 純利益
18.3-11 36,844 3,670 3,795 2,525
19.3-11 37,424 +1.6 3,379 -7.9 3,555 -6.3 2,327 -7.9

 

第3Qの業績を見ていくと、売上高は374億円で前年比較で+1.6%(+4.2億)の増収と堅調に推移しています。

 

しかし、営業利益が-7.9%(-2.9億円)と第2Qの時点からさらに前年割れの幅を広げてしまっています。営業利益率でみると9.9%→9.0%へと約1%ほどの下落。

 

人件費、食材費、広告宣伝費等の圧迫が大きいのではと考えられます。

 

また、会社の営業利益の通期予想の47.5億円は修正なしのままですが、達成は厳しいんじゃないかな・・・と個人的には思います。

 

↓こちらは第2QのIRです↓

CoCo壱番屋 IR

 

現状の販促

 

販促としては、新規客の獲得策として、TVコマーシャルを積極的に展開しています。リピート対策としてはドリンクパスポート(無料券)の配布で再来店を狙う作戦を展開しています。

 

CoCo壱番屋 CM

 

CoCo壱番屋 ドリンクパスポート

 

店舗展開

国内に1,265店舗、海外には12カ国に167店舗を展開しています。

最近では、8月にはベトナムに、12月にはイギリスに1号店をオープンしています。こちらの展開は注目していきたいと思います。

 

 

株価推移 証券コード7630 東証1部

 

 

PER 42.28%
PBR 4.50%
従業員数 1,326人(連結)
平均年齢 39.8歳
平均年収 5,010千円

 

 


大変励みになります。良かったら応援のポチお願いします。

 

Twitterでもつぶやいてます。ブログの更新情報もお知らせしてます。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。