毎月3万円の利益を増やしたいなら水光熱費を節約しませんか

 

本題に入る前に、いくつか質問をさせてください。

・蛇口から水がポタポタ垂れていませんか?
・エアコンが効きすぎているとお客様から言われたことはありませんか?
・お店のスタッフは光熱費を削減する意識がありますか?
・メーターのチェックを週間(日々)実行していますか?
・あなたのお店の月間の光熱費はいくらでしょうか?
今回は水光熱費の節約についての話をします。

電気などは基本料金が設定されているのと、お客様の多少にかかわらず照明などはつけておかねばなりません。

節約は難しいのではと考える人もいます。

金額が小さいから取り組んでもあまり意味はないと主張する人もいます。

しかし、店舗の現状を見る限り改善の余地が多く残っている部分です。

やれば簡単に利益を増やすことができます。

軽視せず正面から取り組むだけの価値は十分にあります。
水光熱費は業種業態や箱の大きさによっても違いますが、売上比で4~8%を占める経費です。

月商が800万円の店であれば、32万~64万円も経費として発生しています。

仮に1カ月で3万円ほど削減できたとすれば、年間で36万円の利益が増えます。

ざっくりと計算してみます。

このお店の営業利益が10%だとすると、
1万円の利益を出すためには10万円の売上が必要です。

年間で36万円の利益を新たに生み出すためには、360万円の追加売上が必要になります。

360万円の売上創出はなかなか厳しいですよね。

また、36万円の経費を人件費に置き換えてみます。
時給1,000円で計算すると、360時間分の節約効果があります。

360,000円÷1,000円 = 360時間

大きいですね。

まずは、あなた自身が水光熱費の重さに気づき行動を起こす決意をしてください。

自分の家ではないので、パート・アルバイトの方はあなた以上に経費を意識することはありません。

今まで私はお店のスタッフに、
「お店の水光熱費がいくらか分かりますか」
と何度か問いかけたことがあります。

まったく分からないという答えがほとんどでした。

近い値で答えられた人は一人もいませんでした。

実際の金額を伝えると驚くとともに、なので協力お願いします。と言うと、皆が分かりましたと答えてくれました。

人は知らないこと、理解できないこと、見えないことに対して努力できません。

現実の数字やお金で例えることで人は動きだします。

今まで出来ていなかったからといって後悔するのは意味がありません。

これからどういう行動をとっていくかが重要です。

 

最初に注意しておきます。

節約だからいって、お客様に迷惑のかかることや営業に支障の出るようなことは絶対にしないでください。

私の失敗談なのですが、
節約の話をしたあとでディナーの時間で客席の一部の電気を消して営業しているお店がありました。
確かにお客様の入りは少なかったのですが、電気を消すことで閉店しているかのような印象を与えてしまっていました。
お客様も食事をしていて客席の暗さが気になり、楽しくなかったと思います。

またノーゲストだからといってエアコンを付けていないお店もありました。
そこに入ってきたお客様がどう感じるかを理解していません。

冬場、訪店したときに寒さを感じたので「客席がちょっと寒くないか?」とスタッフに問いかけました。
節約するように言われてるんで、自分たちは寒さを感じませんし・・・

従業員は動いてるんで暑さには敏感ですが、寒さの感度は鈍くなります。
自分たちの行動がお客様にストレスを与えてないかは注意してください。

 

現状把握

現在位置が分からなければ航海はできません。
まずは現状把握を行いましょう。

●メーターのある場所・検針方法を知る。

●メーター値から使用量を算出する。

●基本料金・使用単価を知る。

●前年や前月の使用量を分かる状態にする。

●漏水が発生していないか確認する。

水光熱費の節約行動

取るべき行動を幾つか挙げてみます。

●毎日、オープン前など同時刻に検針して記録を残していく。

これはエクセルなどの表計算ソフトでの管理をおススメします。

●使用量の実績を印刷するなどして、スタッフの目に留まる場所に掲示する。

電気代

●エアコンの設定温度を守る。

●冷蔵庫の温度設定を確認する。

●機器フィルターの清掃スケジュールを決め実施する。

●冷蔵庫パッキンが摩耗していないか確認。

●冷蔵庫へ物を詰め過ぎない。

●使用していないダクトのスイッチは切ることを習慣づける。

●オープン前・昼間・夜間ごとに使用する電気のスイッチを決めて分かるようにする。

3種類の色のシールを買ってきてスイッチの近くに取り付けてください。

●営業終了後は速やかに照明やエアコンのスイッチを切る

●エアコンフィルターの清掃スケジュールを決める。

●休憩室の照明やエアコンの管理

●電力会社の切り替え

●照明設備をLEDに切り替え


ガス

●五徳やバーナーの定期清掃を行う

完全燃焼していないと無駄にガスを使います。

●種火の火力調整や繁忙時間外は消すことの習慣化

●給湯器の温度設定が高くなっていないか

基本は38度程度で大丈夫なはずです。

●水を使えばいい作業でお湯を使ってないか

●皿1枚だけを洗うなど、食器洗浄機をムダに使っていないか

●オーブンやフライヤーの定期メンテナンス

水道

●漏水のチェックを定期的に行う

●ポタポタ撲滅(パッキンの交換)

●水圧の調整(水が勢いよく出過ぎてないか)

●シンクに必要以上に水を張ってないか

●洗浄機のムダ回しはないか

●トイレで使う水量が多すぎないか

●オペレーションの中で水を使い過ぎている人物の特定と指導

●清掃作業で水を使い過ぎていないか

●解凍で水を使うケースが多ければ、あらかじめ冷蔵庫解凍しておく。

パッと思いついたことを挙げましたが、他にもやれることは多くあります。

個々の収入に関わる人件費の削減に比べると、水光熱費の削減はスタッフの協力も得やすいです。

今までルーズになっていたお店であれば目に見えて結果を出すことができます。

水光熱費の改善は店舗の収益体質を強化することにつながります。

また、店舗改善の仕組みの構築につなげていくことができます。

利益体質の強いお店になるための階段の一つとして取り組んでみてください。


Thank you for always reading this blog.

Before going into the main subject, let me ask a few questions.

· Is the water dripping from the faucet?

· Have you ever told customers that the air conditioner is too effective?

· Does the store’s staff consciously reduce utility expenses?

· Are we checking the meter weekly (daily)?

· What is the monthly utility bill of your shop?

This time we will talk about saving water utility costs.

For the electricity etc., basic charges are set, and lighting etc must be on regardless of customers’ slightly.

Some people think that saving is difficult.

Some people insist that it has little meaning even if they work because they are small.

However, as far as the current state of the store is concerned, there is much room left for improvement.

If you do, you can easily increase profits by 10,000 yen.

 There is enough value to work from the front without neglect.

Water utility costs differ depending on the type of industry and the size of the box, but it is expenses which account for 4 to 8% of sales.

If the monthly quotient is a store with 8 million yen, 320,000 ~ 640,000 yen is incurred as expenses.

If we could reduce it by about 30,000 yen in one month, the profit of 360,000 yen will increase annually.

I will calculate it roughly.

If the operating profit of this store is 10%, sales of 100,000 yen are required to make a profit of 10,000 yen.

To generate a new profit of 360,000 yen annually, additional sales of 3.6 million yen are required.
Creating sales of 3.6 million yen is quite difficult.
Also, I will replace expenses of 360,000 yen with labor costs.

Calculating with hourly wage of 1,000 yen has a saving effect of 360 hours.

360,000 yen / 1,000 yen = 360 hours

First of all, please make yourself aware of the weight of water utility fee and decide to take action.

Because I am not at home, part-time workers will not be more conscious of expenses than you.
Until now I have been to the shop staff,

“Do you understand somewhat of the utility expenses of the shop?”

I have asked several times.
There was almost no answer that I do not know at all.

No one was answered with a close value.

It is surprising to tell the actual amount of money, so please cooperate. When saying that, they answered that everyone understood.
People can not strive for things they do not know, can not understand, and can not see.

People will start by comparing with actual figures and money.
It is meaningless to repent because you have not done so far.

It is important what kind of action to take in the future.

Let me note first.

Since it is a savings, please never do something troublesome to customers or trouble in sales.
It is my mistake, but after talking about savings, there was a shop that is operating by turning off some electricity in the auditorium during the dinner time.

Certainly customers entered a small amount, but I had given the impression that it was closed by turning off the electricity.

I think that customers were also having a meal and I was concerned about the darkness of the audience seats and I think they were not fun.

There were also stores that did not have air conditioners due to no guests.

I do not understand how the customer who enters there feels.

Since I felt the cold when I visited the shop in winter, I asked the staff “Is the audience seem a little cold?”

We are being told to save money and we do not feel cold …

Employees are moving and sensitive to heat, but the sensitivity of the cold becomes dull.

Please be aware that our actions are not stressing our customers.

Understanding the current situation

Navigating is impossible unless you know the current position.
First let’s grasp the current situation.

● Locate the meter · Know the meter reading method.

● Calculate usage from meter value.

● Know the basic charge · unit price.

● Make the usage amount of the previous year and the previous month understandable.

● Check if leakage has occurred.

Conservation behavior of water utility cost

I will give you some actions to take.

● Every day, I keep reading at the same time and keep records before opening.

I recommend you to manage this with spreadsheet software such as Excel.

● Post the actual results of usage and post it in the place where the staff can catch the eye.

electric bill● Observe the set temperature of the air conditioner.

● Check the temperature setting of the refrigerator.

● Determine and schedule equipment filter cleaning schedule.

● Confirm that the refrigerator packing is not worn.

● Do not overfill the refrigerator.

● Turn off the switch of unused ducts to make it a habit.

● Determine the switch of electricity to use before opening, daytime, nighttime to make it understandable.

Please buy a seal of 3 kinds of colors and install near the switch.

● Switch off lights and air conditioners promptly after closing business

● Determine the cleaning schedule for the air conditioner filter.

● Lighting of break rooms and management of air conditioners

● Switching power company

● Switch lighting equipment to LED

gas

● Periodic cleaning of Gotoku and burners

Use gas unnecessarily if not completely burned.

● Adjusting the fire power of the seed fire and making it a habit of erasing out of the busy hours

● The temperature setting of the water heater is not high

The basics should be safe at about 38 degrees.

● Do not use hot water with a good work if you use water

● Do not waste the dishwasher, such as washing only one dish

● Regular maintenance of ovens and fryers

Water supply

● Regularly check water leakage

● Potapota eradication (packing exchange)

● Adjustment of water pressure (Whether the water has passed rapidly)

● Do not put more water in the sink than necessary

● Do not waste the washing machine

● Is the amount of water used in the toilet too high?

● Identification and guidance of people who are using excessive water in operation

● Do not use water too much for cleaning work

● If there are many cases where water is used for thawing, thaw the refrigerator beforehand.
I mentioned what I came up with, but there are many other things I can do.
Compared to reduction of personnel expenses related to individual income, reduction of water utility cost is easy to get from staff cooperation.

If it is a shop that has been loose until now it will be visible and you can get results.

Improvement of water utility cost leads to strengthening the store’s profitability.

In addition, it can lead to the establishment of store improvement mechanism

Please try as one of the stairs to become a shop with a strong profit structure.




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です