捨てる効用

今回は物を捨てる効用についての話をします。

まず捨てるの前に、整理整頓の話から。

整理 必要なものと必要でないものを分けること

整頓 必要なものをすぐに取り出せる状態にしておくこと

 

 

お店で何かしようとした時に、物を探し回ることってけっこう多いですよね。
この物を探す時間って、時間のロスなんで残念な気分にさせられます。
整理整頓が出来てる出来てないは、お店のレベルを表す物差しの一つになってるのは間違いないんで、定期的に整理整頓するよう心がけてくださいね。

 

 

さて、本題の捨てる効用ですが
自分の場合だと、まずストレス発散になります。
なので、プライベートでもかなり大胆に物を捨てます。
服は1年くらい着てなかったものは処分するし、本や雑誌、メモ、書類なんかも必要なとこだけビリビリって切って捨てちゃってます。
たまに同じ本を買いなおしたりするんで、捨てる基準を考えなきゃですかね(笑)
自分の周辺に散らかっていた物がなくなると、ホントにスッキリした開放感を味わえます。

 

 

店舗ではチップした食器、傷の入ったグラス、古さが出てきたバインダ―やPOP、カスターセット、傷んだ清掃用具、古いマニュアル、書類などなど、あまり考えずに感覚でダメだなって思ったら捨ててしまいます。
捨てた後で、必要なら買ったり準備することになるんで捨てる時はあまり考えません。
チップや色の禿げた皿を使われたら、自分がお客さんだったら嫌だなって思うからでしょうね。
後、傷んだ物があることで店の中の空気が淀むのがいやなんですよね。
ともかく捨てればスッキリします。ストレス解消になります。

 

 

整理整頓や捨てることってのは必要なのは分かるんだけど、どうやって行動のスイッチをいれるかが難しいですよね。
自分の場合は、手帳かカードに整理する場所や物を、未来予定で書き込みします。
そうしておくと、ちょっと時間のとれた時に、すぐに行動に移せますんで。

 

 

お店の場合、大胆に捨てるとベテラン勢にそれなりに反感を買うこともあるんで、そういう場合は少しづつ着実に捨てていきます。
店には物を捨てたがらない人はいっぱいいますし、それはそれで素晴らしいなと感じる点もあるんですが、粘り強く捨てていきます。
お店って根っこの部分は同じでも、枝葉の部分は常に変化し続けていく必要があると思うんですよね。
変化を起こす一つの手段というかきっかけとして、物を捨てたり入れ替えるってことも狙っています。

 

 

あと、最も捨てなきゃいけないものがありましたね。
それは古い固定観念や、あまり良くない習慣の中にいる自分自身です。
ホコリを被った知識や、ステレオタイプになりがちな思考パターン、ずるずると過去からの流れに引きずられている悪癖や悪い習慣などなど。

物を捨てることで、何かのきっかけになるんじゃないかと思いますよ。

古本屋で探す手間考えると、送料はかかるものの1円とか6円とか(笑)
狙い撃ちで本を買うには、アマゾンは安くて便利ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。