人脈づくり

 

 

今回は人脈づくりについての話をします。
まず結論から言えば、人脈は無いよりあったほうが仕事の質があがるので大切にしてください。
社内に人脈のネットワークのあるAさんと、ネットワークのないBさんがいて、能力そのものが一緒ならば、大きな仕事、より責任のある仕事をするのはAさんなのは間違いありません。
人脈が築けていると、タイムリーな情報が入ることで、無駄な努力や、空回りするようなことがなくなり、仕事が効率的に進むようになります。
また成功事例やノウハウなどの情報を共有することで、成果がでやすくなります。
他者からの話を聞くことで、新たな仕事への気づきが得られたり、今までの自分とは違う視点が持てるようになったりします。
トラブルや悩みなどの相談にのってもらえる相手がいれば、孤立感を防ぐことができるでしょう。

 

 

ここで少し昔話を

30代前半ころまでの自分は、他者に頼らず、常に自分ひとりで判断し何とかせねばという気持ちを強くもっていました。

そのころは、人に頼るのは、自分の弱さや仕事が出来ないのが原因なんだと思い込んでて。

負けず嫌いと言えば聞こえはいいですが、小さい自分を認めたくないがゆえに、ちっぽけなプライドにすがっていたような気がします。

人間って生まれてから、それぞれの成長過程を経て、個々のキャラクターってのが出来ていきます。

そして、人との付き合いに苦労することもなく、順調に世の中を渡っていく人もいると思います。

それとは真逆だった自分は、もっと早くから素の姿をさらして、人の話を素直に聞いていれば、もっと成長できたんだろうなってのは時として考えます。

まあ、遠回りしてきたものの、今が悪いわけでもないし、とりあえず良しとしていますが(笑)

 

さて、自分でどの辺が転機になって変わったのかと言えば、いい仕事をしよう、大きな仕事をしようと思ったときに一人じゃできないことに気付いたあたりですかね。

大きな課題を前にして、その結果を出すためには、周りのメンバーとしっかりした人間関係を構築したり、相談したり、情報交換や情報共有したりが当たり前に必要なことになってきますし、みんなに助けてもらわないと仕事が進まないんですよ。
周りのメンバーに助けてもらいながら、成果を出すことで周りのメンバーと共に成長し幸せになっていく。
これからも、そんな関係を持ち続けていけたらと考えています。
最後に、人脈づくりっていうと、何か社交的になって、外に出て行ってつくるものみたいなイメージありますが、今、自分の近くにいる人を助けたり、何かを教えたり与えたり、そして絆を大切にしていくことで自然と広がっていくもんです。

周りの人もあなた自身も幸せになるために、今近くにいる人との縁ってやつは大切にしていってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です