サービスの基本

 

今回はサービスの基本として大切にしていることを挙げてみます。

まず前提として、
お店はお客さまからみて、当たり前のことを、当たり前にすることが大切です。

そして、お客さまに(心の中で)ありがとうと言われるお店を目指してください。

QSC

クォリティ、サービス、クレンリネスのこと。飲食業で大切なキーワードの一つ。
Q:またあの料理を食べたい
S:またあのスタッフに会いたい
C:またあの雰囲気を味わいたい

身だしなみ

服装には手間と気を使ってください。服装は相手に対しての気持ちの表れですから。
まずは、会社で定められている基準を徹底して守ることが大切です。

 

あいさつ

スタッフ同士で笑顔であいさつすることがサービスの出発点です。
スタッフ同士での気遣いもできずに、お客さまへの気遣いなどできませんから。

 

アイコンタクト

相手の目をみないということは、相手の存在を無視しているのと同じです。
必ず相手の目をみて笑顔で話をすること。

 

マニュアル

オペレーションを短時間で習得するには不可欠なもので、お店の失点を防ぐには欠かせないものです。お客さまへの気遣いとセットで教えてください。

 

オペレーション

接客はチームプレイです。
一人でも0点やマイナス点のスタッフがいると、その店の評価は0以下になります。
オペレーションは基本のキです。それがきっちり出来なくては、お客さまの満足は得られません。

 

ほうれんそう

報告・連絡・相談のこと。
報連相が悪い店で、サービスのいい店を知りません。

 

すみませ~ん

サービスとは相手への気配り・気遣いのことです。店でこの言葉を聞くと恥ずかしくなります。

 

電話応対

電話での対応の仕方で、その店のレベルは分かります。

 

物を大切に

バッシング時や洗い場で食器やグラスをガチャガチャ音を立てて扱う。会計時にキャッシュドロアーをバチンと閉めるなどはNG。物を大切にしない人は仕事が雑だし、必ず人に対してもぞんざいな扱いをするものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です