おすすめの本

 

今回は私が繰り返し読んでいる本の中でおすすめのものを3冊紹介します。

読書が苦手な人もいると思いますが、優れたマネージャーになるためには本を読む習慣を身につけておいた方がいいのは間違いありません。

いずれも、アマゾンのリンクを貼っておきますので、レビューを見るだけでも参考になる点があると思います。

人を動かす D・カーネギー

リーダーシップで悩んでいる人向け

最初は題名がストレート過ぎて、ちょっと手にしずらかったのですが、管理者として人を動かすためには何をしなければいけないかを学ぶには本当に良い本だと思いました。もう少し早くこの本を読んでいれば、リーダーシップをスムーズに発揮できたかなと思います。リーダーシップに自信がない人や、もっとリーダーシップ力を高めたい人には必読の書です。

プロフェッショナルマネージャー ハロルド・ジェニーン

上昇志向があって現状打破したい人向け

ユニクロの柳井さんも称賛しているようですが、経営するってことは、ここまでやるんだと思い知らされました。このレベルでマネージメントを意識できるようになると、日常の景色が今までと全く違って見えてくるはずです。店長としての仕事が自転車で時速20kmで走っているものだとしたら、時速300kmを超える世界がどんなものかを体感できます。繰り返し読めば、一流と言われている経営者が見ている視点ってやつを理解できるようになります。

斎藤一人の道は開ける 永松茂久

仕事に迷いがでている人向け

最後に紹介するのが、斎藤一人さんのお弟子さんが書かれた本です。
正直、斎藤一人さんは、ちょっと胡散くさくて敬遠していたのですが、この本を読んで評価が一変しました。書かれているのは、ごくごく当たり前のことなんですが、当たり前であるがゆえに見失っていたものの存在に気付かせてくれました。この本を読んでから、いい意味でリラックスした気分で仕事ができるようになりました。今どうすべきかを迷ってる人は、ゆっくり噛みしめながら読んでみてください。きっと迷いが吹っ切れると思います。
面白かったので、オーディオブックスのCD版も買ってしまいました。

紹介したい本はまだまだありますが、この3冊は繰り返し読むだけの価値があると思い紹介させていただきました。

また、これらの本を読んでから私のブログを読めば、どういった影響を受けたかが良く分かると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。