目標の立て方

 

漠然とした目標を決めることは、レストランに入って「お腹がすいたので、食べ物をください」というようなものだ。

何かを注文するまで、空腹のままだろう。

 

スティーブ・パブリナ

 

はじめに

 

何でこのブログを始めようかと思ったかなんだけど、店長って、生活やら人間関係がワンパターン化することが多いんだよね。そういった中で、身近にモデルになるような人がいれば本当に幸運なんだけどなかなか難しいと思うんだ。そこで、今まで自分が体験したこと、学んだこと、考えたことをシェアしていくことで、誰かの人生のひとコマの中で役に立てたらいいなってとこかな。

ブログを読んで刺激され、考えたり行動する中で自分なりのスタイルを作っていけたら・・・。仕事って楽しいなって思えて笑顔になれる人が一人でもいれば、このブログの目標(使命)は達成されると考えてます。

 

目標の立て方

本題の目標の立て方なんだけど、ビジネス本とか見ると人生の長期計画を立てなさいとか、そのために1年後、2年後、3年後は何をしているとかのブレークダウンした目標を作り・・・、それを1週間の単位でやるべきことを決めてとか。言ってるのは理解できるし正しいと思うんだけど難しいよね。何でかって、そこに至るまでの情報が少なすぎて、どう組み立てをすればいいかイメージができないし、イメージができないから計画に具体性がなく頑張れないかなと。

人はよくわからないこと対しては思考停止する生き物だからね。で、俺はダメだってマイナスダメージくらっての悪循環。

だったらどうするか?

自分が北に行くのか、南に行くのかなど、大まかな目標や方針は決めることはできるよね。そのあとは、小さな小さな目標を決めて、それをひたすら積み重ねていくんだ。

例えば、お店の中に苦手なベテランスタッフがいるとして、その日は勤務後に2分間でいいからその人と世間話をするって目標を立てるんだよ。そして実行する。内容はどうでもいいから、それが実行に移せたら目標達成したぜって小さくガッツポーズすればいんだ。だって苦手って感じてることは、お互いが壁を築いていた訳で、行動によってその壁が少し崩れたんだから。次はもっとスムーズに話ができるだろうし、ちょっと目標のハードルを上げることもできると思うんだ。

少しずつ頑張ればいい

大切なのは、大きなことを成し遂げようとして全力で走ることじゃない。小さな小さなことをやり続けることで、今よりも着実に前に進んでいくことなんだ。そしてその少し前進した自分を毎日褒めてあげるんだよ。そんな観点から目標を立ててみて。仕事が少しづつ楽しくなっていくから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です