パート・アルバイトの採用面接

人材不足、採用難で苦しんでいる人が多いんで、少しでも参考になることがあればと思いまとめてみました。

 

まず前段階として

 

自身の身だしなみ、言葉づかいや対応には最大限の気を使ってください。なぜなら応募者は採否に関わらずお客さまになる可能性が高いので。

 

応募者のもつネットワークの中で悪い評判がでないようクレーム対応と同等に神経を配りましょう。近隣やら学校内での評判は恐いですからね。

 

後日、採用したパートさんになんでうちの店に決めたかを聞くと、面接時の印象が他と比べて良かったからと言われたことが何度かありました。第一印象や相手を尊重して接することが大切だと実感しました。

 

応募者自身も、面接を通じて面接者と働きたいと思えるかどうかを判断しているので、自分もジャッジされてる側にあるという意識を持つことが必要です。

 

image

 

また採用したいという気持ちが強すぎると、シフト都合が優先され、人物像の判断を誤ることがあるんで、なるべく白紙の状態から臨むようにしています。

 

面接の開始にあたっては開始の挨拶をした後に、応募者に自己紹介をしてもらいます。

 

だいたいこの時点で、コミュニケーション力や表現力がどの程度なのか分かりますね。

 

次に応募者をリラックスさせるために、自分も自己紹介します。店作りでのこだわりを分かりやすい言葉で伝えることと、笑顔にさせることがノルマです。リラックスしてもらわないと本音が見えてこないですから。

 

そのあとは履歴書から、無いときはこちらで用意した面接表に沿って質問していきます。

 

学生なら学校生活について、社会人や主婦ならば背景について聞きながら、その人が何を大切にしているのか、考えかたなどを探っていきます。

 

そして何のために働こうと思ったか、なぜうちなのかを聞くとともに、こちらからは当店で働くことのメリットを伝えて、入社へのモチベーションを高める種まきをせっせと行います。

 

また今いるメンバーと上手くやっていける人かどうかも検討材料にしています。

 

その後で質問がないかを聞くと共に、働く上での条件や制約になることを確認していきます。

 

ここはシフト交渉しているつもりで、具体的に聞いていきます。基本は応募者の働きたい希望を優先させますが、いくら稼ぎたいという金額的な目標がある場合は、電卓を叩きながらこの位やる必要がありますねとファイナンシャルアドバイザーのように(笑)、具体的な勤務スケジュールを提示したりします。

 

最後にこれは私のポリシーなんですが、結果については必ず短期間で判断し合否を伝えるようにしています。悪い結果についてもズバッと伝えるよう心がけてます。もちろん応募者を傷つけないように細心の注意は払いますが。

 

人が人を呼ぶのがお店だと思います。

 

そこで魅力のある人が働いていればお客さまも来るし、働きたいと思う人も集まってきます。

 

遠回りに思えますが先ずは自分の魅力を今より上げる努力をしてみませんか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。