呼吸を整えることの大切さ

さまざまな局面において、いかに自分の呼吸を乱さずにいられるか…

特に対人能力が要求される仕事においては大切なことだ。逆に相手の呼吸が乱れれば、こちらがイニシアチブをもつことが出来る。

 

呼吸を乱さずにいるためにはどうしたらいいのだろうか?

 

素の自分を認めること。

 

そして自分に自信を持つことが必要だ。

 

そのためには、これだけは人に負けないという強みを持つこと。

 

毎日コツコツと何かをやり続けること。

 

身体を鍛えること。

 

本を読み続けること。

 

周りの人がどうしたら幸せになれるか考えること。

 

二つの道があるときは難しい道を選ぶこと。

 

自ら変化を求めること。

 

何かを手放すのを恐れないこと。

 

感情に頭を支配されないこと。

 

ゼロから1を積み上げる努力をすること。

 

ライバルは他人でなく過去の自分。

 

鏡に映る自分と対話してみてほしい。

 

自分の器が大きくなっているか…と。

 

駆け足でなくていい。

 

靴を磨くとか、簡単なことから始めてみよう。

 

濁流となる川も、最初は山あいの1滴の水から始まる

 

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。