リスケ 一流を知るために

自ら進んでレベルの高いゾーンに踏み込んでいく。下から見上げても分からなかったものが、上から見ることでその位置付けや有り様が見えてくる。

上を知れば、それより下のレベルは手にとるように分かる。逆に自分より高い位置にあるものの本当の姿は分からない。

 

面を知っているから点がどこに位置しているかが分かる。より高い次元を知る努力をすることが重要だろう。

 

私の場合、最初にこのことを感じたのは安月給の中から5万円台の靴を買ったとき。それまでは安い靴ばかりはいていたんで分からなかったが、高い靴を買ったときにそれより下のランクが理由も含めて分かるようになった。もちろん思い込みもあるし、もっと上もあるからこの意見が未来永劫にわたって私の中でも絶対だとは言えない。

 

少しずつでいい

昨日より足を前に一歩踏み出してみよう

image

北アルプス 燕岳山頂にて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です